コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーダ

2件 の用語解説(フリーダの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

フリーダ

2002年製作のアメリカカナダメキシコ合作映画。原題《Frida》。メキシコの画家フリーダ・カーロの伝記映画。監督:ジュリー・テイモア、出演:サルマ・ハエック、アルフレッドモリーナほか。第75回米国アカデミー賞メイクアップ賞、作曲賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012の解説

フリーダ
Frida


国籍
スウェーデン

専門
歌手

本名
Anni-Frid〉 アンニ・フリッド〈Lyngstad ルンダスタッド

グループ名
グループ名=ABBA(アバ)

生年月日
1945

経歴
1972年、4人のイニシャル頭文字をとってボーカルグループ・ABBAを結成する。’74年ユーロビジョン歌曲コンテストにおいて、「恋のウォータールー」を歌い優勝。その後、同曲は英国チャートで1位、米国チャートで6位となり、英米以外の国から登場したアーティストとして注目される。’77年「ダンシング・クイーン」が英米のチャートで1位となり、世界的人気グループとなる。他のヒット曲に「S.O.S.」(’75年)、「悲しきフェルナンド」(’76年)、「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」(’78年)、「チキチータ」(’79年)、「スーパー・トゥルーパー」(’80年)、アルバムに「アライバル」など。日本には’78年プロモーションのため初来日し、その後1ケ月でシングル・アルバムの売上げが100万枚以上となる人気グループに。’80年公演のため再来日し、全11公演で10万人を動員した。また、日本のアイドル・ピンクレディのお手本としても知られた。’82年アルバム「ザ・ビジターズ」を最後に解散。以後ソロ活動を行う。2001年ABBA時代の「S.O.S.」「チキチータ」が日本のテレビドラマ「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」に使用されて再び脚光を浴び、日本限定のベスト盤「S.O.S. THEBEST OF ABBA」がリリースされる。2009年ABBAがロック殿堂入り

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリーダの関連キーワードアメリカメキシコ戦争アメリカ アメリカあめりか祭アメリカ帝国の滅亡アメリカの影アメリカを斬るアメリカン・グラフィティ2騎馬警官静かなアメリカ人アメリカ・メキシコ戦争

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フリーダの関連情報