コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリーダ

デジタル大辞泉プラスの解説

フリーダ

2002年製作のアメリカ・カナダ・メキシコ合作映画。原題《Frida》。メキシコの画家フリーダ・カーロの伝記映画。監督:ジュリー・テイモア、出演:サルマ・ハエック、アルフレッド・モリーナほか。第75回米国アカデミー賞メイクアップ賞、作曲賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

現代外国人名録2012の解説

フリーダ
Frida


国籍
スウェーデン

専門
歌手

本名
Anni-Frid〉 アンニ・フリッド〈Lyngstad ルンダスタッド

グループ名
旧グループ名=ABBA(アバ)

生年月日
1945

経歴
1972年、4人のイニシャルの頭文字をとってボーカルグループ・ABBAを結成する。’74年ユーロビジョン歌曲コンテストにおいて、「恋のウォータールー」を歌い優勝。その後、同曲は英国チャートで1位、米国チャートで6位となり、英米以外の国から登場したアーティストとして注目される。’77年「ダンシング・クイーン」が英米のチャートで1位となり、世界的人気グループとなる。他のヒット曲に「S.O.S.」(’75年)、「悲しきフェルナンド」(’76年)、「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」(’78年)、「チキチータ」(’79年)、「スーパー・トゥルーパー」(’80年)、アルバムに「アライバル」など。日本には’78年プロモーションのため初来日し、その後1ケ月でシングル・アルバムの売上げが100万枚以上となる人気グループに。’80年公演のため再来日し、全11公演で10万人を動員した。また、日本のアイドル・ピンクレディのお手本としても知られた。’82年アルバム「ザ・ビジターズ」を最後に解散。以後ソロ活動を行う。2001年ABBA時代の「S.O.S.」「チキチータ」が日本のテレビドラマ「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」に使用されて再び脚光を浴び、日本限定のベスト盤「S.O.S. THEBEST OF ABBA」がリリースされる。2009年ABBAがロックの殿堂入り。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

フリーダ

生年月日:1945年11月15日
スウェーデンの歌手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フリーダの関連キーワードローレンス(David Herbert Richards Lawrence)ベートソン(Gregory Bateson)学習院大学山岳部の八ケ岳連峰・阿弥陀岳遭難アルバレズ(Alfred Alvarez)800 Number Promotionダイレクト・レスポンス・アドバタイジングロッキン・イン・ザ・フリー・ワールドウォルター(Jr.) デービスデビッド・ハーバード ロレンスストライクフリーダムガンダムヤロスラフ ブルフリツキーJ.M.G. ル・クレジオスラムドッグ$ミリオネアビルイェル シューベルイバンド・オブ・ゴールドアントニオ バンデラスニュー・ナショナリズム自動着信課金サービスエドワード ノートンピピン フェレーラス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリーダの関連情報