コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルシェフスキー

百科事典マイペディアの解説

フルシェフスキー

ウクライナの歴史家,民族運動の指導者。西ウクライナのホルム(現ポーランド領)で高名な教育者の家庭に生まれた。キエフ大学に入り,歴史家で19世紀後半のウクライナの精神的指導者V.アントノビチに師事し多大の影響を受ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フルシェフスキー【Mikhailo Serhiiovich Hrushevskii】

1866‐1934
ウクライナを代表する歴史家。ウクライナ民族運動の指導者。西ウクライナのホルム市(現,ポーランド領)生れ。キエフ大学に学び,V.アントノビチに師事した。1894年オーストリア領にあったリボフ(リビウ)大学にウクライナ史の初代教授として赴任し,歴史研究と並行して,リボフにおけるウクライナ文化活動・出版活動の中心であったシェフチェンコ協会の会長(1897‐1913)として精力的に活躍した。1913年キエフに帰り,翌年の第1次世界大戦勃発とともに民族運動のリーダーとして逮捕された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフルシェフスキーの言及

【ウクライナ】より

…ジュネーブで亡命生活を続けていたM.P.ドラホマーノフ(1841‐1895)やイワン・フランコ(1856‐1916)の活動によりガリツィアはしだいに民族運動の中心となり,〈ウクライナのピエモンテ〉ともいうべき重要な役割を演じることになった。90年,ウクライナ急進党がガリツィアで形成され,94年にはリビウ(リボフ)大学にウクライナ史の講座ができ,M.S.フルシェフスキーが教授となった。 1900年にはロシア帝国内のハリコフでウクライナ革命党が形成され,02年にはハリコフ,ポルタワで農民蜂起が起こるなど,革命運動が盛んとなった。…

※「フルシェフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フルシェフスキーの関連キーワード二月革命(ロシア)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android