コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルシェフスキー

2件 の用語解説(フルシェフスキーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フルシェフスキー

ウクライナの歴史家,民族運動の指導者。西ウクライナホルム(現ポーランド領)で高名な教育者の家庭に生まれた。キエフ大学に入り,歴史家で19世紀後半のウクライナの精神的指導者V.アントノビチに師事し多大の影響を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

フルシェフスキー【Mikhailo Serhiiovich Hrushevskii】

1866‐1934
ウクライナを代表する歴史家。ウクライナ民族運動の指導者。西ウクライナのホルム市(現,ポーランド領)生れ。キエフ大学に学び,V.アントノビチに師事した。1894年オーストリア領にあったリボフ(リビウ)大学にウクライナ史の初代教授として赴任し,歴史研究と並行して,リボフにおけるウクライナ文化活動・出版活動の中心であったシェフチェンコ協会の会長(1897‐1913)として精力的に活躍した。1913年キエフに帰り,翌年の第1次世界大戦勃発とともに民族運動のリーダーとして逮捕された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフルシェフスキーの言及

【ウクライナ】より

…ジュネーブで亡命生活を続けていたM.P.ドラホマーノフ(1841‐1895)やイワン・フランコ(1856‐1916)の活動によりガリツィアはしだいに民族運動の中心となり,〈ウクライナのピエモンテ〉ともいうべき重要な役割を演じることになった。90年,ウクライナ急進党がガリツィアで形成され,94年にはリビウ(リボフ)大学にウクライナ史の講座ができ,M.S.フルシェフスキーが教授となった。 1900年にはロシア帝国内のハリコフでウクライナ革命党が形成され,02年にはハリコフ,ポルタワで農民蜂起が起こるなど,革命運動が盛んとなった。…

※「フルシェフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フルシェフスキーの関連キーワードシェフチェンコハリコフホロビッツウクライナ政変烏克蘭代表権代表的太平洋クラブライオンズウクライナ岩ウクライナの議会選挙

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone