コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレンセン Frenssen, Gustav

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレンセン
Frenssen, Gustav

[生]1863.10.19. ディトマルシェン,バルルト
[没]1945.4.11. ディトマルシェン,バルルト
ドイツの小説家。神学を学び牧師となる。北ドイツを背景にした農民小説『イェルン・ウール』 Jörn Uhl (1901) で成功。ほかに『3人の忠実な男』 Die drei Getreuen (1898) ,『ペーター・モールの南西アフリカ旅行』 Peter Moors Fahrt nach Südwest (1906) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレンセン
ふれんせん
Gustav Frenssen
(1863―1945)

ドイツの小説家。ホルシュタインのディトマルシェン生まれ。郷土の農民青年を描いた教養小説『イェルン・ウール』(1901)の成功で牧師から作家に転身。キリスト教をゲルマン的に解釈した『ヒリゲンライ』(1905)や、ゲルマン独自の宗教を求めた『北辺の信仰』(1936)などがある。郷土・民族色が強い作風のため、ナチス時代にも評価された。[井上修一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フレンセンの関連キーワードズーダーマン10月19日郷土文学農民文学井上修

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android