コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレンセン フレンセン Frenssen, Gustav

2件 の用語解説(フレンセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレンセン
フレンセン
Frenssen, Gustav

[生]1863.10.19. ディトマルシェン,バルルト
[没]1945.4.11. ディトマルシェン,バルルト
ドイツの小説家。神学を学び牧師となる。北ドイツを背景にした農民小説『イェルン・ウール』 Jörn Uhl (1901) で成功。ほかに『3人の忠実な男』 Die drei Getreuen (1898) ,『ペーター・モールの南西アフリカ旅行』 Peter Moors Fahrt nach Südwest (1906) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレンセン
ふれんせん
Gustav Frenssen
(1863―1945)

ドイツの小説家。ホルシュタインのディトマルシェン生まれ。郷土の農民青年を描いた教養小説『イェルン・ウール』(1901)の成功で牧師から作家に転身。キリスト教をゲルマン的に解釈した『ヒリゲンライ』(1905)や、ゲルマン独自の宗教を求めた『北辺の信仰』(1936)などがある。郷土・民族色が強い作風のため、ナチス時代にも評価された。[井上修一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フレンセンの関連キーワードオーディトリアムお高くとまる耳に留まるエディトリアルトマル耳留まるダーティ・トリックボディトレインオルソディトウロ岩ストマトポディト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone