コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フレーザー島 フレーザーとうFraser Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フレーザー島
フレーザーとう
Fraser Island

グレートサンディー Great Sandy島ともいう。オーストラリアクイーンズランド州南東部,メアリバラの対岸の島。面積 1619km2森林保護地区で,ミネルサンド (ルチルジルコンなど) の開発をめぐって自然保護上の論争の的となっている。 1992年世界遺産自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フレーザー‐とう〔‐タウ〕【フレーザー島】

Fraser Island》オーストラリア、クイーンズランド州南東岸の島。世界最大の砂島であり、約130キロメートルにわたって南北に延びる。大部分がグレートサンディー国立公園に指定。白い砂浜に囲まれ、島内にはマッケンジー湖、ブーマンジン湖などの透明度の高い淡水湖が多数点在する。1992年に世界遺産(自然遺産)に登録された。グレートサンディー島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産情報の解説

フレーザー島

フレーザー島はオーストラリア・クイーンズランド州にあり、砂島としては世界最大です。約70万年前から、クイーンズランド州南部の川より流れ出た土砂が潮流に乗って運ばれ、徐々に堆積して島が作られました。この大量の砂が浸透した雨水が地表に近い地下水層に蓄えられるため、無数の小川や淡水湖が点在する世界的にも珍しい島となっています。島ではキャンプを楽しんだり、クジラウォッチングを楽しんだりすることもできます。ゴールドコーストからのオプショナルツアーがあります。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について | 情報

世界遺産詳解の解説

フレーザーとう【フレーザー島】

1992年に登録されたオーストラリアの世界遺産(自然遺産)で、クインズランド州に位置する。総面積1840km2の世界最大の砂の島で、オーストラリア大陸から削り取られた砂の堆積によってできたとされる。通常、砂でできた島には森や湖はできないが、この島には亜熱帯雨林や砂浜、淡水の砂丘湖などが形成されている。こうした環境の中、島にはディンゴ、ポッサム、ワラビーなどのほか、240種の鳥類も生息している。このような自然が評価され、世界遺産に登録された。◇英名はFraser Island

出典|講談社世界遺産詳解について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

フレーザーとう【フレーザー島】

オーストラリアの東海岸、クイーンズランド州の町ハービーベイの沖合にある、世界最大級の砂の島。1770年にジェームズクックが来航し、島名は、1836年に海難で上陸したあと先住民に殺された船長の名前に由来している。全長123km、総面積1660km2の砂丘が多い低平な島で、1992年に世界遺産の自然遺産として登録された。グレートサンディー国立公園の一部でもあり、砂地には亜熱帯雨林が存在している。リゾートホテルなどの施設も整っていて、湖、ウォーキングトレイルなどもあり、夏にはホエールウォッチングを楽しめる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フレーザー島
ふれーざーとう
Fraser Island

オーストラリア東部、クイーンズランド州南東岸の島。別名グレート・サンディー島Great Sandy Island。南北に長く、長さ約130キロメートル、面積1619平方キロメートル。砂丘の多い低平な島で、同州の森林保護地区に指定、また1992年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。ミネラル・サンド資源(ルチル、ジルコンなど)があるが、開発と自然保護の関係をめぐり問題となっている。1770年J・クックが来航。島名は、1836年に海難のためこの島に上陸し先住民に殺された船長名に由来する。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フレーザー島の関連キーワード粒度階区分ホール(Stuart Hall)リンカーンの「ゲティスバーグの演説」後退サンドウェーブ安田未央トビムシ(跳虫)スナホリガニ砂丘サクランボマックイーン

フレーザー島の関連情報