コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フージスターン Khūzistān

世界大百科事典 第2版の解説

フージスターン【Khūzistān】

イラン南西部,カールーン川下流の地方。フージスターンはアラビア語の呼称で,ペルシア語ではホーゼスターンKhōzestān。現在,同名の州が置かれ,西はイラク国境,南はペルシア湾頭の東海岸,北東はザーグロス山脈が境界線となっている。州都はアフワーズ。面積約6万6500km2,人口318万(1991)。地形的にはメソポタミア平原の一部をなし,住民の多くはアラブ系である。気候は高温・多湿であるが,年降水量は150mm前後と少ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフージスターンの言及

【イラン】より

… もうひとつの低地帯はペルシア湾岸地方である。総じてこの地域は,山地が海岸にまで迫り平野が少ないが,カールーン川の浸食作用で扇状地となったザーグロス山脈の南西部は,フージスターン(ホーゼスターン)の平原になっている。ここはメソポタミア平原の地続きで住民はアラブ系である。…

※「フージスターン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フージスターンの関連キーワードヤークーブ・イブヌル・ライスヴァンデン・L. ベルヘチョガ・ザンビル遺跡マスジデスライマーンガッチサーラーン油田グンデ・シャプールバフティヤーリー族カールーン[川]ホッラマーバードバンダレホメイニホラムシャフルサッファール朝ボルージェルドシューシュタルシャプール1世ベフバハーンロレスターンスーサ遺跡ザンジの乱イラン美術

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android