ブタインフルエンザ(英語表記)swine flu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブタインフルエンザ
swine flu

インフルエンザウイルスを原因とするブタの呼吸器疾患。1930年,ブタから初めて A型H1N1亜型のインフルエンザウイルスが分離された。以降,さらに H1N2,H3N1,H3N2という 3種の亜型が分離された。H3N2型が出現したのは 1990年代後半であり,ヒトからブタへの伝播が疑われる。ヒトの間で感染するインフルエンザと似ているが,抗原が異なる。ブタの 25~30%が抗体をもつ。罹患したブタには咳,発熱,鼻汁などの症状が現れ,一般に 1週間ほど持続する。ウイルスはブタの間で急速に伝染し,感染ブタや汚染された餌あるいは敷料に触れたり,ウイルス飛沫を吸い込んだりすると,トリやヒトに容易に伝染する。ヒトに感染すると,発熱や軽度の呼吸器症状が現れる場合がある。下痢,悪寒,嘔吐を伴うこともあるが,死亡することはほとんどない。ヒトにおける発生として記録が残っているのは,1976年アメリカ合衆国ニュージャージー州フォート・ディックス陸軍基地での集団発生である。一部の新兵に重度の呼吸器疾患が認められ,1人が死亡した。ブタインフルエンザ用治療薬はないため,感染ブタには対症療法を行なう。乾燥した清潔な環境を用意し,感染ブタを健康なブタから隔離することが,疾病管理において重要である。多くの症例では,細菌感染を防ぐため抗生物質を投与する。ワクチン接種によって予防でき,消毒や手洗いなどの衛生対策を通じても伝染を抑えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ブタインフルエンザ

ブタインフルエンザとは、ブタインフルエンザA型ウイルスによって引き起こされる、ブタの急性呼吸器疾患である。ブタインフルエンザA型ウイルスには、ブタH1N1、H1N2、H3N1、H3N2など、いくつかの亜型があるが、ほとんどの場合、H1N1亜型である。また、ブタは鳥類のインフルエンザウイルスやヒトの季節性のインフルエンザウイルスにも感染する。通常は、ヒトには感染せず、感染した場合でも軽症であるとされているが、感染した場合は、鳥インフルエンザと同様にヒトでの免疫がないため、爆発的に感染が広がり、健康被害だけでなく社会的に大きな影響を与えることになる。このように、動物のインフルエンザウイルスが遺伝子の変異などによってヒトの体内で増殖できるようになり、新たにヒトからヒトに伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザを「新型インフルエンザ」という。世界保健機関(WHO)では、鳥インフルエンザ(H5N1型)による新型インフルエンザを想定し、1~6までのフェーズ(警戒段階)を設けるなど、発生に備えていた。
しかし、2009年4月、メキシコ、米国等でのブタインフルエンザ(H1N1型)による新型インフルエンザの発生を受け、フェーズ3(動物間、動物とヒトの間の一時的な感染)からフェーズ4(ヒト―ヒトの感染が地域レベルで続く)、さらにフェーズ5(ヒト―ヒトの感染が、WHOが決める地域内の2カ国以上で続く)に引き上げられている。これは、パンデミック(複数の地域にまたがる世界的な大流行)の一歩手前の状況である。なお、WHOは09年4月30日に、食肉産業に及ぼす影響などに配慮し、「ブタインフルエンザ」の呼称を「インフルエンザA型(H1N1)」に変更すると発表した。なお、日本政府は、フェーズ4への引き上げを機に、既に「ブタインフルエンザ」から「新型インフルエンザ」に呼称を変えている。政府では、即日、麻生首相を本部長とする新型インフルエンザ対策本部を設置し、発生国からの入国者の強制的な検疫の実施等の水際対策に万全を期すとともに、国内での患者発生を想定した新たな「基本的対処方針」を決定するなどの対策を進めている。

(小林千佳子 フリーライター / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブタインフルエンザ
ぶたいんふるえんざ
swine influenza

インフルエンザウイルスによって引き起こされるブタの呼吸器疾患。ヒトのみならずトリ、ブタ、ウマなどの動物にもインフルエンザウイルスによる呼吸器感染症がみられる。[加地正郎]

ブタインフルエンザの病原ウイルス

ブタインフルエンザの病原としては、インフルエンザAウイルスの亜型のうち、H1N1、H1N2、H3N1、H3N2が分離されている(亜型を表すHおよびNについては「インフルエンザ」の項を参照)。
 ブタにおける症状としては、発熱、元気消失、食欲不振、鼻汁、咳(せき)、呼吸促迫、衰弱などが知られているが、死亡率は低く(0.1%以下)、予後は良好で、寒い時期に集団的に発生する。[加地正郎]

ブタインフルエンザウイルスの発見

ブタインフルエンザの病原ウイルスは、ヒトのインフルエンザウイルスの発見(1933)より早く、1931年にアメリカのロックフェラー研究所に所属していたR・E・Shopeによって分離が報告され、同時にブタインフルエンザ菌の存在も認められている。ブタインフルエンザウイルスとブタインフルエンザ菌が同時に感染すると症状が重症化する。ヒトでのインフルエンザでも、ウイルスに続いてインフルエンザ菌に二次感染すると肺炎を合併して重症化するという知見があるが、それに先だって指摘されているのは興味深い。[加地正郎]

ヒトのインフルエンザとの関連

インフルエンザの流行史上最大の惨禍をもたらした1918~1919年のスペインインフルエンザの病原は、ブタインフルエンザ由来のAH1N1ウイルスであったことが、最近までの研究で明らかになっている。
 さらに1976年、アメリカのニュージャージー州フォート・ディクスFort Dixの陸軍基地でブタインフルエンザAH1N1ウイルスによる小流行がおきたが、幸いにも世界的大流行(パンデミック)にまで発展することなく終息した。
 なお、アメリカでは、ブタとの濃厚接触によるヒトでのブタインフルエンザウイルス感染例が、散発的に報告されている。[加地正郎]

ブタ型インフルエンザウイルスによるパンデミック

2003年以降トリインフルエンザの世界的規模での流行が発生し、トリからヒトへの感染例が多発、病原のインフルエンザAH5N1ウイルスが人の間でパンデミックをおこすのではないかと危惧されているなか、2009年、予想されていなかったブタ由来のインフルエンザウイルスによる人でのパンデミックが発生した。
 発端は2009年4月メキシコで、ブタ由来の新型インフルエンザAH1N1ウイルス(以下ブタ型インフルエンザ)の流行で約60人が死亡との報道であったが、おそらく同年3月には発生していたと考えられ、流行はアメリカ、カナダに波及、またたく間に世界規模となった。日本は、当初はトリインフルエンザAH5N1ウイルス由来の、致死率60%というきわめて重症の新型インフルエンザを想定しての対策実施であったが、長期にわたる実施は実際上かなり困難であること、また2009年発生のブタ型インフルエンザの重症度は毎年冬に流行する季節性インフルエンザとほぼ同様と考えられると判断されたこともあって、その後防疫対策はかなり緩和された。
 2009年(平成21)12月現在まで、日本での感染は全国的な広まりをみせ、死者も出た。
 世界的にはパンデミックとなり、2009年11月22日現在、207以上の国・自治領・地域で、感染者62万2482例以上、死亡者7826例以上(2009年11月27日世界保健機関WHO発表)となっている。[加地正郎]

ブタ型インフルエンザの症状・予防

日本での症例調査では、38℃以上の発熱、咽頭(いんとう)痛、咳など、季節性インフルエンザの症状とほぼ同様であるが、嘔吐(おうと)、下痢(げり)の消化器症状がやや多く、結膜炎が認められた例もみられている。
 なお、海外の報告では、重症化する場合の肺炎は細菌の二次感染によるものではなく、ウイルス自体が引きおこしているとされ(この点はトリインフルエンザAH5N1ウイルスの感染例と同様)、治療に際してとくに注意を要する。
 さらに死亡あるいは重症例の多くは、気管支喘息(きかんしぜんそく)や糖尿病などのリスクファクターをもっていた症例であったと報告されている。治療としては抗インフルエンザ薬の投与が中心である。
 なお、感染予防には従来のワクチンは無効で、この流行から分離されたウイルス株を用いての予防ワクチンが製造されている。[加地正郎]

ブタ型インフルエンザパンデミック以降

北半球諸国での流行は2009年8月現在でピークをすぎ、寒い季節に向かう南半球のオーストラリア、南アメリカでの流行が報じられるようになった。しかし、これまでのパンデミック(1918~1919年のスペインインフルエンザおよび1957年のアジアインフルエンザ)の様相から予想されるのは、第2波、さらにはそれより小規模の第3波の襲来である。その際に人から人への感染をくり返す過程でのウイルス病原性増強の可能性を警戒する必要がある。
 2009年発生の病原ウイルスに対して一部の高齢者は過去におけるAH1N1ウイルスの感染による抗体を保有しているとされているが、ほとんどの人は免疫がなく、パンデミックとなっている。このパンデミックが過ぎ去ったあとには集団免疫のバリアができるため、以後はさほどの規模にはならない。そして、同じウイルスによる流行が10~十数年くり返され、やがて次の「新型ウイルス」の登場となるのではないかと予想される。[加地正郎]
『永武毅編『インフルエンザQ&A』(2000・医薬ジャーナル社) ▽泉孝英・長井苑子編『医療者のためのインフルエンザの知識』(2005・医学書院) ▽岩崎惠美子監修、佐藤元編『新型インフルエンザ――健康危機管理の理論と実際』(2008・東海大学出版会) ▽加地正郎著『インフルエンザの世紀――「スペインかぜ」から「鳥インフルエンザ」まで』(平凡社新書) ▽W・I・B・ビヴァリッジ著、林雄次郎訳『インフルエンザ』(岩波新書) ▽中島捷久・中島節子・澤井仁著『インフルエンザ――新型ウイルスはいかに出現するか』(PHP新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブタインフルエンザの関連情報