コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラスコ・イバーニェス Vicente Blasco Ibáñez

世界大百科事典 第2版の解説

ブラスコ・イバーニェス【Vicente Blasco Ibáñez】

1867‐1928
スペイン小説家。急進的な政治家として活躍し,共和党代議士を前後7回にわたって務めたが,入獄亡命の苦労も多く味わった。農民漁民の苦しい生活を活写した《百姓家》(1898),《葦と泥》(1902)など,前期の作品は故郷バレンシアを舞台にした郷土小説である。中期マドリードなどに舞台が移り,闘牛士盛衰を扱った《血と砂》(1908)などがある。後期の作品では舞台は国外にも及び,第1次大戦の海戦を扱った《われらの海》(1918)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android