コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラスコ・イバーニェス Vicente Blasco Ibáñez

1件 の用語解説(ブラスコ・イバーニェスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ブラスコ・イバーニェス【Vicente Blasco Ibáñez】

1867‐1928
スペインの小説家。急進的な政治家として活躍し,共和党代議士を前後7回にわたって務めたが,入獄や亡命の苦労も多く味わった。農民や漁民の苦しい生活を活写した《百姓家》(1898),《葦と泥》(1902)など,前期の作品は故郷バレンシアを舞台にした郷土小説である。中期はマドリードなどに舞台が移り,闘牛士の盛衰を扱った《血と砂》(1908)などがある。後期の作品では舞台は国外にも及び,第1次大戦の海戦を扱った《われらの海》(1918)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラスコ・イバーニェスの関連キーワード治安維持法稲垣浩松竹(株)戦争文学藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone