コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラスコ・イバーニェス Vicente Blasco Ibáñez

世界大百科事典 第2版の解説

ブラスコ・イバーニェス【Vicente Blasco Ibáñez】

1867‐1928
スペイン小説家。急進的な政治家として活躍し,共和党代議士を前後7回にわたって務めたが,入獄亡命の苦労も多く味わった。農民漁民の苦しい生活を活写した《百姓家》(1898),《葦と泥》(1902)など,前期の作品は故郷バレンシアを舞台にした郷土小説である。中期マドリードなどに舞台が移り,闘牛士盛衰を扱った《血と砂》(1908)などがある。後期の作品では舞台は国外にも及び,第1次大戦の海戦を扱った《われらの海》(1918)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブラスコ・イバーニェスの関連キーワードイバーニェス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android