コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックスモーカー black smoker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラックスモーカー
black smoker

大洋中央海嶺のチムニーから噴出している熱水が海水と反応して硫化物や硫黄の微小結晶を析出し,吹上げて黒色の煙 (ブラックスモーカー) のように見えるもの。白色の煙のように見えるものはホワイトスモーカー white smokerという。析出した微小な結晶は沈積してチムニーを成長させることになる。このような熱水の活動域の周辺には金属硫化物の濃集沈殿による熱水鉱床がつくられているほか,チューブワームシロウリガイなどの生物群集や金属鉱床が形成されていることが多く,将来有望な海底資源として着目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブラック‐スモーカー(black smoker)

海底で、セ氏300度以上の高温の水が噴き出す煙突状の噴出口(チムニー)のうち、熱水に鉛・銅・鉄などの硫化物が多く含まれ、海水と反応して黒色を呈するもの。熱水に白・黄色の硫黄が多く白色を呈するものはホワイトスモーカーと呼ぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ブラックスモーカー【black smoker】

鉛・銅・鉄などの硫化物が多く含まれる、海底のチムニーより噴出される熱水。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブラックスモーカーの関連キーワードしんかい二〇〇〇しんかい6500海底熱水鉱床大洋中央海嶺熱水噴出孔沖縄トラフ海洋資源

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラックスモーカーの関連情報