コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランケットエリア blanket area

大辞林 第三版の解説

ブランケットエリア【blanket area】

ラジオ・テレビの難視聴区域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブランケットエリア
ぶらんけっとえりあ
blanket area

複数の放送局からの電波が干渉しあって受信に障害が出やすい区域。とくにラジオ放送局の近くで他の局からの放送の正常な受信ができない区域をいう。放送局の近くでは送信アンテナから発射される電波が強いため、受信機にもこの強い電波が入り、他の放送局の電波を受信しようとしても、混変調をおこしたり、選択作用が正常に働かなくなったりして受信できない事態が生ずる。この範囲は、使用する受信機の特性によっても異なるが、日本では電界強度が5ボルト毎メートル以上の区域とされている。[金木利之・吉川昭吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブランケットエリアの関連キーワード複数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android