ブランケットエリア(読み)ぶらんけっとえりあ(英語表記)blanket area

日本大百科全書(ニッポニカ)「ブランケットエリア」の解説

ブランケットエリア
ぶらんけっとえりあ
blanket area

複数放送局からの電波が干渉しあって受信に障害が出やすい区域。とくにラジオ放送の近くで他の局からの放送の正常な受信ができない区域をいう。放送局の近くでは送信アンテナから発射される電波が強いため、受信機にもこの強い電波が入り、他の放送局の電波を受信しようとしても、混変調をおこしたり、選択作用が正常に働かなくなったりして受信できない事態が生ずる。この範囲は、使用する受信機の特性によっても異なるが、日本では電界強度が5ボルト毎メートル以上の区域とされている。

[金木利之・吉川昭吉郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ブランケットエリア」の解説

ブランケット‐エリア

〘名〙 (blanket area) ラジオ、テレビの送信所周辺地域で、その局の電波が強すぎて他局の受信が妨げられる地域。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android