コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランダン Brandão, Frei António

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランダン
Brandão, Frei António

[生]1584.4.25. アルコバッサ
[没]1637.11.27. アルコバッサ
ポルトガルの年代記作者,聖ベルナルド会修道士。 B.ブリートのあとをうけて,1632年『ルジターニア君主国』 Monarquia Lusitanaの第3部,第4部,エンリケ伯からアフォンソ3世までを書く。なお,この作品は甥のフランシスコが,彼の死後,あとを続けてディニス王の治世 (1279~1325) の終りまでを書いた。

ブランダン
Brandão, Raul Germano

[生]1867.3.12. フォスドドーロ
[没]1930.12.5. リスボン
ポルトガルの作家。 1888年ポルトの陸軍学校に入学。文学に強い関心をもち,見習い士官としてリスボンに移ってからジャーナリズムに関係,象徴主義に近づく。 1912年陸軍少佐で退役し,おもにギマランイスの別荘で文学活動を続けた。代表作,短編『印象と風景』 Impressões e Paisagens (1890) ,長編『貧しい人々』 Os Pobres (1906) ,戯曲『最大の罰』O Maior Castigo (02) ,抒情的ルポ『漁夫』 Os Pescadores (23) ,『未知の島』 Ilhas Desconhecidas (27) ,『回想録』 Memórias (3巻,19~33) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のブランダンの言及

【ブレンダン】より

…キリスト教の聖人。ブランダンBrandanともいう。アイルランドのトラリーに生まれ,560年ころクロンファートに修道院を建て,その長として活動したと伝えられる。…

※「ブランダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ブランダンの関連キーワードブレンダン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android