コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランメル Brummell, George Bryan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランメル
Brummell, George Bryan

[生]1778.6.7. ロンドン
[没]1840.3.30. カーン
19世紀初頭のメンズ・モードに多大の影響を及ぼしたイギリスの代表的ダンディ。ボー beau (美男子) ・ブランメルと呼ばれた。イートン校時代から皇太子 (のちのジョージ4世) と級友で,イギリスの上流社会に君臨したが,晩年は貧困のうちに没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブランメル【George Bryan Brummell】

1778‐1840
イギリスの宮廷人。フランスの作家バルベー・ドールビイによれば,〈史上最高のダンディ〉。ジョージ4世の寵臣で,後に不興をこうむったが,その威光は終生国王をしのいだと伝えられる。冷静な計算をもって男子服装の美学を確立し,それに基づいて,ダーク・カラーを基調とする体の線にフィットした,今日の三つぞろい紳士服の原型を生み出した。〈伊達者(ザ・ボー)ブランメル〉との異名をたてまつられたこの〈趣味の審判官〉は,19世紀初頭のイギリス社交界に君臨し,その盛名は海峡の彼方まで広まり,フランスでもスタンダールバルザックメリメ,バルベー・ドールビイ,ボードレールなど,ロマン派文学者のあいだに多くの賛美者,模倣者を生み出し,ヨーロッパの文芸思潮に絶大な影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のブランメルの言及

【ダンディズム】より

…本来,フランス王朝風俗に影響された華美・柔弱な18世紀男子服に対する反動として,イギリスのジェントリー層(ジェントルマン)に生まれた,ダーク・カラーを基調とする狩猟着にお洒落(しやれ)の真髄を見いだそうとする趣味に端を発している。ダンディズムを芝居がかったかたちで実践し,さらに一つの理念にまで発展させ,それによってイギリス社交界に〈手本〉として君臨したのみならず,全ヨーロッパにまでも盛名をはせたのは,〈伊達者(ザ・ボー)〉G.ブランメルである。彼が出現するに及んで,イギリス貴族階級の間に,バイロン卿をはじめとする,ブランメルの崇拝者,模倣者が輩出し,この風潮は海外に波及し,19世紀ヨーロッパの美意識全般に大きな影響を及ぼした。…

※「ブランメル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブランメルの関連キーワードスライ&ザ・ファミリー・ストーンピエール リトバルスキーバルベー・ドールビイバルベ・ドールビイラルフ・ローレンラルフ ローレンダンディイズムファッションベガルタ仙台ダンディズムフィッチ水内猛燕尾服

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブランメルの関連情報