コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルドン管 ブルドンかん Bourdon tube

2件 の用語解説(ブルドン管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルドン管
ブルドンかん
Bourdon tube

E.ブルドンが考案した金属管で,圧力計や温度計に用いられる。一端または両端を閉じ,楕円形などの扁平な断面をもつ薄い金属製の弾力のある管で,普通は円弧状または渦巻状にしてある。管内の気体または液体の圧力が増すと,断面が円形に近づいて管はまっすぐになろうとするから,一端を固定しておけば閉じた自由端の変位によって管内の圧力が測定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブルドン‐かん〔‐クワン〕【ブルドン管】

圧力や温度の計測に用いられる、中空で扁平な曲がった管。圧力計の場合、管内の気体の圧力が高くなると管が変形し、その先端の変位から圧力を計測する。温度計の場合、アルコールなどを封入し、温度が高くなると管が膨張して液面が移動することを利用する。曲がり形状には円弧、渦巻きらせん、つる巻きらせんなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブルドン管の言及

【真空計】より

…真空の程度を,大気圧を基準にした負圧で示したり,気体の減少の度合を百分率で表示したりすることも行われるが,一般的ではない。 大気圧から,だいたい102Pa(約1Torr)までは,U字管に液体を入れてその液面の高さの差から圧力を読みとるマノメーターmanometerや,ブルドン管などの弾性変形量から内外圧力差を読みとる真空計が多く使われる。これ以下の圧力領域(中・高真空領域)では,圧力の直接測定は容易でなく,気体の圧縮操作を介在させたマクラウド真空計McLeod gaugeや,気体の圧力と関数関係にある他の物理量,例えば分子密度,入射頻度,粘度,熱伝導度などの測定から圧力を間接的に求める真空計による。…

※「ブルドン管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブルドン管の関連キーワードブルドン管圧力計U字管圧力計餡蜜ウィンブルドン液体圧力計金属圧力計示差圧力計遠州行灯ウィンブルドン効果ブルドン,E.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone