コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルークラブ ブルークラブ Callinectes sapidus; blue crab; common edible crab

2件 の用語解説(ブルークラブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルークラブ
ブルークラブ
Callinectes sapidus; blue crab; common edible crab

軟甲綱十脚目ワタリガニ科。アメリカ大西洋岸に広く分布する食用のカニで,脱皮直後の軟殻個体(ソフトシェルクラブ)の商品価値が高い。甲幅 15cm。甲は暗青緑色であるが,2個の額歯,9個の前側縁の歯,鋏脚と歩脚の各節の末端はいずれも朱赤色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルークラブ
ぶるーくらぶ
blue crab
[学]Callinectes sapidus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ワタリガニ科に属するカニ。英名を直訳してアオガニとよぶこともある。食用ガニで、北アメリカのノバ・スコシアから南アメリカのアルゼンチン北部にかけての西大西洋に分布する水産業上の重要種。現在ではヨーロッパ各国の沿岸から地中海にかけても広く分布し、日本でも浜名湖沖で3個体が得られたことがある。一般的な外形は典型的なワタリガニで、ガザミ属Portunusに似ているが、はさみ脚(あし)の腕節内角に歯がないこと、および雄の腹部が逆T字形であることにより区別できる。ブルークラブは脱皮後の軟らかいもの(ソフトシェルという)を食用にすることで有名であるが、同属の他の13種に比べて際だって産額が多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルークラブの関連キーワード軟甲類ノコギリガザミロブスターワタリガニアメリカ蝲蛄岩蟹蝲蛄猿猴蟹拳蟹柔蟹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルークラブの関連情報