コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーフィールズ Bluefields

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーフィールズ
Bluefields

ニカラグア東部,カリブ海沿岸の港湾都市。セラヤ県の県都。エスコンディド川河口の南,ベナド島によって遮蔽されたブルーフィールズ潟湖にのぞみ,東の砂州上に外洋に面した外港エルブルフがある。同国カリブ海側の主要港で,バナナ,マホガニーその他の家具材,エビ,ロブスターなどの冷凍魚介類を積出す。また東部の主要都市で,商工業中心地。市名は 17世紀にこの港を根拠地として利用したオランダの海賊ブルーフェルトに由来し,その後 1850年までイギリス保護領モスキトス海岸の首都とされた。エスコンディド川は河口から約 100km上流まで航行可能で,中流沿岸の河港ラマから西へ道路が延び,首都マナグアに通じる。人口1万 7721 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルーフィールズ

ニカラグアの南東部の都市。カリブ海に注ぐエスコンディド川の河口に位置する。地名は17世紀にここを基地とした,オランダの海賊ブルーフェルトに由来する。1678年から1850年までは,イギリスの保護領モスキート海岸の主都であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブルーフィールズの関連キーワードニカラグアコーン諸島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブルーフィールズの関連情報