コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーフィールズ ブルーフィールズBluefields

2件 の用語解説(ブルーフィールズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブルーフィールズ
ブルーフィールズ
Bluefields

ニカラグア東部,カリブ海沿岸の港湾都市セラヤ県の県都。エスコンディド川河口の南,ベナド島によって遮蔽されたブルーフィールズ潟湖にのぞみ,東の砂州上に外洋に面した外港エルブルフがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ブルーフィールズ

ニカラグアの南東部の都市。カリブ海に注ぐエスコンディド川の河口に位置する。地名は17世紀にここを基地とした,オランダの海賊ブルーフェルトに由来する。1678年から1850年までは,イギリスの保護領モスキート海岸の主都であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone