コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロシェット 〈フランス〉brochette

デジタル大辞泉の解説

ブロシェット(〈フランス〉brochette)

西洋料理のくし焼き料理。また、そのとき用いる焼きぐし。ブロセット。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ブロシェット【brochette(フランス)】

西洋料理に使う金串
焼き料理。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ブロシェット【brochette】

肉や魚、野菜などを刺して焼くのに用いる金串。
串焼き料理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ブロシェット【brochette〈フランス〉】

➀西洋料理に使う金串。
➁串焼き料理。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロシェット
ぶろしぇっと
brochetteフランス語

ブロシェットとは串(くし)のことで、串に刺して焼く料理をいう。材料には、鶏(とり)肉、獣肉類、魚貝類、レバーなどに、補助材料としてタマネギ、ピーマン、キノコ類などが用いられる。まず串に肉類、野菜類などを交互に刺して用意し、炭火にかざしたり網焼きにする。また、小麦粉をつけてフライパンで炒(いた)め焼きにすることもある。付け合せには、粉吹(こふ)きいも、フライドポテト、レモンなどを用いる。ソースとしては、ブラウンソース、ブール・ア・ラ・メートル・ドテルなどを添える。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブロシェットの言及

【串】より

…串の字は誤用で,正しくは丳と書き,《和名抄》は丳を〈夜以久之(やいくし)〉,つまり,焼きぐしとしている。現在では洋風のブロシェットをも含めて金属製のものも多用されるが,古くは竹製がほとんどであった。日本料理の流派が成立した室町時代には,たとえば《四条流庖丁書》が〈大ヤキグシト云時ハ長一尺二寸,小ヤキ串ト云時ハ一尺成ルベシ,大焼串ノ時ハ,節ヨリ上七寸,節ヨリ下五寸〉といったぐあいに,流派ごとに寸法や削り方に規式を設けていた。…

※「ブロシェット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブロシェットの関連キーワードオードブル鳥料理

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android