コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロートンルール ブロートンルールBroughton's rules

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロートンルール
Broughton's rules

1743年にイギリスのジャック・ブロートンが定めたボクシングのルール。ブロートンコードともいう。観戦のマナーとボクサーのフェアプレーを要求するルールで,これによりボクシングの試合に秩序がもたらされた。粗暴になりやすいボクシングをスポーツとして認めさせる契機となり,ブロートンは「近代ボクシングの父」と呼ばれた。内容は,地面の上に設けられた試合場の中心に,チョークで1辺1ヤード (0.914m) の正方形を描き,そこを試合の基点にしたこと,ダウンしている相手への攻撃やウエスト以下への打撃を禁止したこと,ダウン後 30秒以内に対決の姿勢をとること,観衆のなかから審判2人を選んでアンパイアと呼び,2人の意見がくい違ったときは,さらにこの審判が第三者を選定して勝負を決めることなど,7条からなる。このルールは 1839年にロンドン懸賞試合ルールが適用されるまでの約1世紀にわたり,ボクシングの試合を管理する指針であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ブロートンルールの関連キーワードツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)小中一貫教育生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト亀井南冥

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android