コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンタウ ブンタウVung Tau

3件 の用語解説(ブンタウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンタウ
ブンタウ
Vung Tau

ベトナム南部の都市。ホーチミン市の南東約 70km,南シナ海からガンライ湾を分ける小半島の先端にある。フランス植民地時代にカプサンジャック Cap Saint-Jacquesと呼ばれ,海浜保養地として開発されたところで,同国有数の保養地となっており,ホーチミン市などからの海水浴客でにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブン‐タウ(Vung Tau)

ベトナム南部、バリアブンタウ省の都市。ホーチミンの南東約100キロメートルに位置する。南シナ海に面する港湾都市であり、沖合に油田がある。フランス統治時代の旧称サンジャック。19世紀末建造のフランス総督の別荘ホワイトパレスがある。周辺には白い砂浜が広がり、海岸保養地として人気が高い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ブンタウ【Vung Tau】

ベトナム南部,ホー・チ・ミン市(旧サイゴン)の南東60kmにある都市。人口14万5000(1992)。フランス植民地時代の旧名はカプ・サン・ジャックCap Saint Jacques。最高点243mの丘陵性の半島の先端に位置し,ホー・チ・ミン市の港に海上から入る場合,この岬から北西に針路をとってサイゴン川をさかのぼる。付近は浅瀬が多いので,船はここで水先案内人を乗せる。またサイゴン在住フランス人の休養地としても開け,現在も海水浴場があってにぎわう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブンタウの関連情報