ブンタウ(英語表記)Vung Tau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンタウ
Vung Tau

ベトナム南部の都市。ホーチミン市の南東約 70km,南シナ海からガンライ湾を分ける小半島の先端にある。フランス植民地時代にカプサンジャック Cap Saint-Jacquesと呼ばれ,海浜保養地として開発されたところで,同国有数の保養地となっており,ホーチミン市などからの海水浴客でにぎわう。またホーチミン港の入口を押える水運の要地で,外洋船はガンライ湾に注ぐサイゴン川を約 100km遡航して同港に達する。沖合いに有望な海底油田がある。人口 12万 4634 (1989) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブン‐タウ(Vung Tau)

ベトナム南部、バリアブンタウ省の都市。ホーチミンの南東約100キロメートルに位置する。南シナ海に面する港湾都市であり、沖合に油田がある。フランス統治時代の旧称サンジャック。19世紀末建造のフランス総督の別荘ホワイトパレスがある。周辺には白い砂浜が広がり、海岸保養地として人気が高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ブンタウ【Vung Tau】

ベトナム南部,ホー・チ・ミン市(旧サイゴン)の南東60kmにある都市。人口14万5000(1992)。フランス植民地時代の旧名はカプ・サン・ジャックCap Saint Jacques。最高点243mの丘陵性の半島の先端に位置し,ホー・チ・ミン市の港に海上から入る場合,この岬から北西に針路をとってサイゴン川をさかのぼる。付近は浅瀬が多いので,船はここで水先案内人を乗せる。またサイゴン在住フランス人の休養地としても開け,現在も海水浴場があってにぎわう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブンタウの関連情報