コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブービーヌの戦(読み)ブービーヌのたたかい

百科事典マイペディアの解説

ブービーヌの戦【ブービーヌのたたかい】

1214年フランス北東部エスコー川上流のブービーヌBouvinesで,フランス国王フィリップ2世が英国王ジョン,神聖ローマ皇帝オットー4世などの連合軍を破った戦い。教皇インノケンティウス3世の支持もあり,戦後フィリップ2世の権威が高まった。英国ではこの敗戦がマグナ・カルタ発布の契機となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブービーヌのたたかい【ブービーヌの戦】

1214年7月27日,フランス王フィリップ2世が北フランスの一村落ブービーヌBouvinesで,イギリス王ジョンと結んだドイツ皇帝オットー4世,フランドル伯フェルディナンド,ブーローニュ伯ルノーの連合軍に決定的勝利をおさめた戦い。イングランドと西フランスを含むいわゆる〈アンジュー帝国〉に対する,カペー王朝の巻返しの一つである。フランドル伯とブーローニュ伯はブービーヌでともに捕虜となり,ドイツ皇帝の騎士隊は都市コミューンの市民軍にはじめは優勢を示したものの,フランス主力部隊の到着とともに敗走した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブービーヌの戦の言及

【カペー朝】より

…こうして彼はノルマンディー,アンジュー,メーヌ,ポアトゥーの諸地方をジョン欠地王から奪還し,さらにアルビジョア十字軍をおこして,南フランスの王領化と南北フランスの統一を促進した。彼は都市コミューンに対しても積極政策をとり,プランタジネット家やフランドル伯など王権に敵対的な諸侯領の都市に王権を浸透させることにより,ブービーヌの戦(1214)を有利に導いた。 王領拡大と権力集中の政策は領邦権力を風化させ,ルイ9世(聖王)の治世(1226‐70)には,封建的主従関係が国王を頂点に一元的に整序された〈封建王政〉が典型的に実現した。…

※「ブービーヌの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android