コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プガチョーフ(英語表記)Pugachëv, Emel'yan Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プガチョーフ
Pugachëv, Emel'yan Ivanovich

[生]1740/1742
[没]1775.1.21. モスクワ
ロシアの農民反乱の指導者。ドン川流域のコサックの家に生れ,七年戦争,露土戦争 (1768~70) に参加。病気で帰郷したのち,3年間を放浪のうちに過した。この間分離派教徒の村に住んで,彼らの思想から大きな影響を受けた。 1772年秋ヤイク・コサックの反乱が鎮圧されたことを聞き,同地に行ったが逮捕され,シベリア流刑の判決を受けた。しかし脱走に成功し,73年8月皇帝ピョートル3世であると名のって,コサックと農民の大規模な反乱を組織したが,政府軍に敗れ処刑された。 (→プガチョーフの反乱 )  

プガチョーフ
Pugachëv

1918年までニコラエフスク Nikolaevsk。ロシア西部,サラトフ州の都市。州都サラトフの東北東約 200km,ボルガ川支流大イルギズ川右岸に位置する河港都市。食品 (乳製品,缶詰,製粉) ,自動車部品,木材加工などの工業がある。郷土博物館,チャパーエフ住居博物館がある。現市名は農民反乱指導者 E.I.プガチョーフを記念したもの。サラトフと鉄道で連絡。人口約3万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android