コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プジャード運動 プジャードうんどう Poujadisme

2件 の用語解説(プジャード運動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プジャード運動
プジャードうんどう
Poujadisme

1953年フランス中南部のロート県サンセレの一文具書籍商 P.プジャードが中小商工業者の政治的不満を背景に起した反議会主義的極右運動。中小商工業者の税負担が不公平であると主張,税の不払いを呼びかけた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プジャード運動
ぷじゃーどうんどう
Mouvement Poujade

1950年代フランスにおこった政治運動。フランス南西部のロート県にある一郡庁所在都市サン・セレで書籍・文房具店を開いていたピエール・プジャードPierre Poujade(1920― )が、この地方の反税闘争を契機に1953年7月22日に組織した営業防衛独立組合(同11月29日に商人・職人防衛連合Union de Dfence des Commerants et Artisans〈略称UDCA〉と改称)が南仏を中心に展開したもの。当初、零細経営の商工業者の防御的反税闘争として出発して勢力を拡大し、1956年の総選挙では247万余の票(11.6%)を集めて51議席(544議席中)を獲得したが、この運動から共産党が離反して非難を始めたころからしだいに極右的な政治運動の色彩を帯び始めた。指導者のプジャードの父親が極右政治組織のアクシオン・フランセーズに加わったことがあり、彼自身かつてファシズムのドリオ運動の活動家であったことがわかり、またこの運動が反ユダヤ主義的傾向をもち、アルジェリア独立に反対してドゴール派とも対立するに至った。しかしドゴールを支持するか否かをめぐって、これに反対するプジャードと賛成する国会議員団が対立・分裂して、この運動は急速に衰退し、1958年11月の総選挙では全議席を失った。[横山謙一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プジャード運動の関連キーワードサンゴタール峠ロートリンゲンサンジャン洗礼堂サンシルラポピーサンミッシェルデギレ礼拝堂ニュイサンジョルジュフランキンセンスコートデュローヌシュナンブランフランスワイン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プジャード運動の関連情報