プチ(Roland Petit)(読み)ぷち(英語表記)Roland Petit

  • 1924―2011

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの舞踊家、振付者。パリ郊外のビルモンブルに生まれる。パリ・オペラ座バレエ団に入ったが、1944年J・コクトーらの援助を受けて独立、シャンゼリゼ・バレエ団を結成し、『若者と死』などを上演。1948年にはパリ・バレエ団と改称、映画『ブラック・タイツ』(1960)にも収録された『カルメン』『ダイヤモンドを喰(く)う女』などを発表した。1970年カジノ・ド・パリを買収し、妻であるジジ・ジャンメールZizi Jeanmaire(1924―2020)主演のレビューの演出にあたった。1972年バレエ・ド・マルセイユ(マルセイユ・バレエ団)を結成し、その芸術監督となり、『病めるバラ』『シンフォニー・ファンタスク』『オペラの怪人』などを上演。改訂版『コッペリア』では、プチ扮(ふん)するコッペリウス博士が人形と踊って絶賛を博した。バレエのほか、ショーの振付け演出では洗練されたスマートなセンスで観客を魅了した。1998年バレエ・ド・マルセイユを離れた後は、フランスをはじめ、アメリカ、イタリア、日本などのバレエ団で自作品を上演。来日することも多く、熊川哲也(1972― )のKバレエカンパニーや牧阿佐美(まきあさみ)バレエ団で作品を発表していた。1962年芸術文化勲章シュバリエ、1974年レジオン・ドヌール勲章、2002年国家功労勲章コマンドールを受章。

[市川 雅・國吉和子]

『ジャン・ヴァンサン・ミネオほか写真、ジェラール・マノニほか文、前田允訳『ローラン・プティ――ダンスの魔術師』(1987・新書館)』『ダンスマガジン編『コリオグラファーは語る』(1998・新書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android