コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コッペリア Coppélia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コッペリア
Coppélia

3幕のバレエ。原作はホフマンの『眠りの精』。台本 C.ニュイット,A.M.サン=レオン。音楽 C.ドリーブ。振付サン=レオン。 1870年パリ・オペラ座初演。原作の悲劇を喜劇に脚色したもので,スワニルダは恋人の若者フランツがコッペリアに心ひかれるのを気に病むが,コッペリアが人形であることを知り,2人はめでたく結婚するという筋。ロマンチック・バレエ衰退後のクラシック・バレエのなかで最も成功した作品の一つ。どのバレエ団もこの作品をレパートリーに入れているが,そのほとんどは改訂版で,パリ・オペラ座だけがフランツを女性舞踊手が扮装して演じる原形を 1950年代まで維持した。ロイヤル・バレエ団は L.イワーノフ,E.チェケッティの改訂版であり,デンマーク王立バレエ団の場合は H.ランダーが手を加えたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

コッペリア

ドリーブ作曲のバレエ音楽。5曲からなる演奏会用組曲も知られる。E.T.A.ホフマンの《砂男》を基にC.ニュイッテル〔1828-1899〕とA.サン・レオン〔1821-1870〕が共同で台本を書き,1870年パリのオペラ座でサン・レオン振付により初演。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

コッペリア

加納朋子の長編ミステリー。2003年刊行。

コッペリア

フランスの舞踊家・振付家アルチュール・サン・レオンによる全3幕のバレエ(1870)。原題《Coppélia, ou la fille aux yeux d'émail》。パリ、オペラ座で初演。ホフマンの小説『砂男』を題材とする。

コッペリア

フランスの作曲家レオ・ドリーブのバレエ音楽(1870)。コッペリウス博士が作った自動人形コッペリアをめぐる恋模様を描いたもの。ホフマンの小説に基づく。原題《Coppélia, ou la Fille aux yeux d'émail》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コッペリア【Coppéllia】

ドリーブ作曲の3幕のバレエ。《エナメルの眼の娘》の副題をもつ。E.T.A.ホフマンの《砂男》を主題にC.ニュイッテルとサン・レオンが台本化し,1870年5月パリ・オペラ座でサン・レオンの振付で初演された。原作のもつ怪奇性はないが,ガルシア地方のある町に住むスワニルダと青年フランツの恋物語に人形コッペリアをからませ,スワニルダが人形になりかわって踊り,それを見て喜び悲しむ人形師コッペリウスをコミカルに描いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コッペリア【Coppélia】

ドリーブ作曲のバレエ音楽。三幕四場。ホフマンの「砂男」を基にした台本による。1870年初演。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コッペリア
こっぺりあ
Copplia

バレエ。3幕4場。ドリーブ作曲。台本は、E・T・A・ホフマン原作の『砂男(すなおとこ)』をもとにシャルル・ニュイッテルが脚色、のちにアルチュール・サン・レオンが一部改作。振付けサン・レオン。1870年5月パリのオペラ座で初演。年老いた玩具(がんぐ)職人コッペリウス博士が美しい少女の人形をつくっている。少年のフランツは向かいの家からのぞいてその人形を生きていると錯覚し、コッペリウスの家に侵入するが、博士にみつかって捕らえられてしまう。恋人のスワニルダが人形に扮装(ふんそう)してフランツを救う、といった筋になっている。原作『砂男』での、幻想的で少年が最後に自殺してしまう結末を避け、序幕と終幕に民族舞踊をちりばめて、楽しい作品になっている。ニューヨーク・シティ・バレエ団のものなど多くの改訂版があるが、ローラン・プチの改訂版は粋(いき)なコッペリウス博士を主役に据え、斬新(ざんしん)なものである。なお、原作の『砂男』はオッフェンバックによりオペラ『ホフマン物語』にも取り上げられている。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のコッペリアの言及

【ドリーブ】より

…ピアノ奏者,オルガン奏者を務めながらオペレッタ《炭2スー》(1855)以後,オペラを次々に発表。次いでバレエ曲も手がけ,《泉》(1866),《コッペリア》(1870),《シルビア》(1876)など,19世紀後半の重要なバレエ曲を残した。1881年母校作曲科教授。…

【バレエ音楽】より

…しかし,舞踊の因襲的な技法が自由な音楽表現の束縛となり,一級の作曲家たちはバレエ音楽に創作意欲を示さなかった。パリにおけるドリーブの《コッペリア》(1870)と《シルビア》(1876),モスクワにおけるチャイコフスキーの《白鳥の湖》(1876),ペテルブルグにおける同じ作曲家の《眠れる森の美女》(1890)と《くるみ割り人形》(1892)の成功は,この通念を打開し20世紀のバレエ音楽への道を開いた。 1910年代から20年代にかけて,ディアギレフの主宰する〈バレエ・リュッス〉のために,現代音楽の新しいイズムをもったバレエ音楽が相次いで創造される。…

※「コッペリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コッペリアの関連キーワードプチ(Roland Petit)サンフランシスコ・バレエ団ミリアム ウルド・ブラームアレキサンダー ダニロアロマンティック・バレエロバート テューズリーアレッサンドラ フェリキューバ国立バレエ団プレオブラジェンスカマリアネラ ヌニェスアリーナ コジョカルD.A. ジェネーローラン イレールピーター ライトパトリス バールルイジ ボニーノチャルダッシュドブジンスキーデニス ガニオサン=レオン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コッペリアの関連情報