コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プティ・パレ美術館 プティ・パレびじゅつかんMusée du Petit Palais, Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プティ・パレ美術館
プティ・パレびじゅつかん
Musée du Petit Palais, Paris

フランス,パリにある美術館。 1900年に開催された万国博覧会でのフランス美術の展示館を利用し,02年市立美術館として開館。文筆家オーギュストと画家ユージェーヌのデュテュイ兄弟やエドワード・テュックからの寄贈品などをコレクションの中核とする。プーサン,アングル,ドラクロアクールベルドン,J.カルポーなどの 18~19世紀のフランスの絵画,15世紀以降のヨーロッパの版画,素描,陶磁器,また,エジプト,エトルリアギリシア,ローマの工芸品などを収蔵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

プティ・パレ美術館【プティパレびじゅつかん】

パリにある市立美術館。プティ・パレは〈小宮殿〉の意味。1900年パリ万国博の展示館としてシャルル・ダローが建て,のち美術館となった。コレクションは古代,中世から近代に及ぶが,特にクールベを中心とするフランス近代絵画で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

プティ・パレ美術館の関連キーワードシャルル カモワンオルセー美術館アヴィニヨングラネ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android