コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラチナバンド ぷらちなばんど

4件 の用語解説(プラチナバンドの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

プラチナバンド

ソフトバンクモバイル株式会社2012年7月25日より始めたサービスの名称で、900メガヘルツ帯の周波数帯域を使って携帯電話を使用するもの(通称としては、700~900メガヘルツの周波数帯域を中心とする極超短波の帯域のこと)。従来の帯域では電波が届きにくかった場所にも良好な品質で通信できるようになり、また従来の通信サービスの品質も向上するとされている。利用するには、プラチナサービス対応機種(グローバル端末を備えた機種)が必要。サービスエリアは、同年度末に15600局、16年度中に41000局へと増設し、ソフトバンクユーザーの人口カバー率を99.9%とする予定。

(2012-07-25)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

プラチナバンド

山やビルなどの障害物を回り込む特性があって様々な用途に使い勝手がよいとされる700メガ~900メガヘルツ帯の電波。700メガヘルツ帯は、テレビ局地上アナログ放送に使っていたが地上デジタル放送移行に伴って空きが生じ、900メガヘルツ帯はこれまでタクシー無線などに使われてきた。携帯電話事業者ではNTTドコモKDDI(au)が800メガヘルツ帯を使っている。

(2011-11-17 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

プラチナ‐バンド

《〈和〉platina+band》電気通信事業における電波の700~900メガヘルツの周波数帯。山や建物などの障害物を回り込んで到達する特性が強く、送信できる情報量が多いため、携帯電話などの通信に適する。平成23年(2011)の地上デジタルテレビ放送への移行によって空きが生じたため、総務省が携帯電話事業者向けに割り当てを進めている。プレミアムバンドプラチナ周波数帯。ゴールデンバンド。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

プラチナバンド

UHF(極超短波)帯のうち、およそ700~900MHz帯の電波。一般に、UHF帯の電波は、波長が短いのでアンテナを小さくでき、無線移動体通信に適している。特にこの帯域の電波は、空気中での減衰率が小さく、直進性が高く、遠くまでよく届く。また、建物や地形の起伏があっても、それを回り込んで、その裏側にも届くため、携帯電話に適している。◇和製語。プラチナ(platina)+バンド(band)。「platina」はスペイン語で「白金」の意。携帯端末にとって価値の高い周波数帯域であることを貴金属にたとえた言葉。「プレミアムバンド」「ゴールデンバンド」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラチナバンドの関連キーワードソフトバンクモバイルソフトバンクソフトバイクSoftBankブックストアソフトバンク4G月刊ホークスソフトバンクホークスチップス北海道ソフトバターS!アプリソフトバンク・テクノロジー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プラチナバンドの関連情報