プリンス・ルパート(読み)プリンスルパート

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリンス・ルパート
ぷりんするぱーと
Prince Rupert

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州西部の港湾都市。アラスカ国境に近い、バンクーバーの北西800キロメートルのスキーナ川河口近くに位置する。人口1万4643(2001)。カナダ太平洋岸ではバンクーバーに次ぐ第二の良港をもち、小麦、パルプ、木材、石炭の積出し港として知られる。漁業基地としても知られ、水産加工のほか、造船、冷凍、製材工業もある。1909年に町が開かれたが、14年に大陸横断鉄道が開通してから発展した。現在、イエロー・ヘッド・ハイウェーの終点、カナダ国有鉄道の太平洋沿岸の終点、アラスカ・フェリー・システムの終点など交通の要所である。[山下脩二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android