コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレイク プレイクPlei Ku

3件 の用語解説(プレイクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プレイク
プレイク
Plei Ku

ベトナム中部の都市。ホーチミン市の北北東約 380km,アンナン山脈中に広がるコントゥム高原にある。住民にはジャライ族が多い。農牧地帯の中心地で,周辺一帯で栽培される茶,コーヒーや畜産物を集散する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プレイク(Pleiku)

ベトナム南部、ザーライ省の都市。同省の省都。ホーチミンの北約380キロメートルアンナン山脈の標高約800メートルのコントゥム高原に位置する。避暑地として知られるほか、コーヒー、茶を産する。ベトナム戦争時にはクイニョンから運ばれた物資の重要な補給拠点となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレイク
ぷれいく
Playcu

ベトナム中南部、ザーライ省の省都。クイニョン西北西135キロメートルに位置する。人口10万6700(2003推計)。かつてクイニョンからアンコールへ塩を運んだ道路は、クイニョン―プレイク間が国道19号線となり、また南北に国道14号線が通じている。標高約800メートルのコントゥム高原にあるため、気温は日中でも24℃を超えず、近辺の避暑地となっている。コーヒー、茶、ゴムなどを集散する。[菊池一雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プレイクの関連情報