コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレパックドコンクリート

2件 の用語解説(プレパックドコンクリートの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プレパックドコンクリート

特殊コンクリートの一種で,先に型枠内に粗骨材を投入し,次いでモルタルを注入填充(てんじゅう)して造るコンクリート。注入用モルタルは流動性が高く硬化が遅く硬化収縮が少ないものを用いる。
→関連項目コンクリート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プレパックドコンクリート
ぷれぱっくどこんくりーと
prepacked concrete

あらかじめ型枠中に充填(じゅうてん)した粗骨材の間に埋設したパイプを通して、セメントペーストまたはモルタルを充填してつくるコンクリート。粗骨材には15ミリ以上の特定の粒度をもつ骨材を用い、充填するモルタルは膨張モルタルである。水中とくに海中構造物の施工に適している。大気中で施工する場合であっても、形の複雑な構造物や、コンクリート中の空隙(くうげき)を嫌う原子炉遮蔽(しゃへい)用コンクリートの施工などに適している。[西岡思郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プレパックドコンクリートの関連キーワード限界ゲージ公差混合ワクチン実数岩国縮結わくわくわく方書千千分くに止り嵌め

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone