コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロボクシング professional boxing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロボクシング
professional boxing

ボクシングを職業としている人たちの行なうボクシング。競技は体重に基づく階級別で行なう。階級は軽い順に,ミニマム級 (47.61kg以下) ,ライトフライ級 (48.98kg以下) ,フライ級 (50.80kg以下) ,スーパフライ級 (52.16kg以下) ,バンタム級 (53.52kg以下) ,スーパーバンタム級 (55.34kg以下) ,フェザー級 (57.15kg以下) ,スーパーフェザー級 (58.97kg以下) ,ライト級 (61.23kg以下) ,スーパーライト級 (63.50kg以下) ,ウエルター級 (66.68kg以下) ,スーパーウエルター級 (69.85kg以下) ,ミドル級 (72.57kg以下) ,スーパーミドル級 (76.20kg以下) ,ライトヘビー級 (79.38kg以下) ,クルーザー級 (86.18kg以下) ,ヘビー級 (86.18kg超) の 17階級に分かれている。試合は3分1ラウンドで,ラウンド回数は4回,6回,8回,10回,12回のいずれか。世界タイトルマッチは 12回戦で行なわれる。プロボクシングの統轄団体はおもなものに,世界ボクシング協会 WBA,世界ボクシング評議会 WBC,国際ボクシング連盟 IBF,世界ボクシング機構 WBOの4団体があり,各団体が世界王者を認定する。日本のプロボクシングを統轄する日本ボクシングコミッション JBCは,WBA,WBCの2団体を認定している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プロ‐ボクシング

professional boxingから》興行として行うボクシング競技。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

プロボクシング

競技者が職業として行うボクシング。興行として行われるボクシング。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

プロボクシングの関連キーワードテクニカルノックアウトホームタウンデシジョンジュニアウエルター級女子プロボクシングジュニアフェザー級ジュニアバンタム級チャンピオンベルトライトウエルター級ボクシング記念日スーパーヘビー級ジュニアライト級ジュニアフライ級ジュニアミドル級ライトミニマム級スーパーフライ級ライトフェザー級メーンイベントリターンマッチコミッショナーファイトマネー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロボクシングの関連情報