コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘイマンス

世界大百科事典 第2版の解説

ヘイマンス【Paul Hymans】

1865‐1941
ベルギーの政治家。最初ブリュッセルで弁護士,ジャーナリストとして活躍。ブリュッセル自由大学教授(1897‐1918),自由党の下院議員(1900‐40)となり,同党の指導者として頭角を現した。第1次大戦下,ドイツ軍のベルギー侵略とともに国務大臣として入閣し,続いてフランスへ亡命したベルギー政府の駐英大使,経済相となる。戦後は外務大臣(1918‐20,24‐25,27‐34,34‐35)を歴任し,ベルサイユ講和会議ではベルギー代表としてドイツの賠償金が優先的にベルギーに支払われるべきことを列国に承認させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android