コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘリカメムシ ヘリカメムシ Coreus marginatus

3件 の用語解説(ヘリカメムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘリカメムシ
ヘリカメムシ
Coreus marginatus

半翅目異翅亜目ヘリカメムシ科。体長 12~16mm。体は褐色または赤褐色で幅広く,頭部は小さい。触角第1節は太く三角柱状,第2,3節は細く円筒状で,第3節の末端はやや翼状に広がる。前胸背は広く,両側はやや突出するがとがらない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘリカメムシ

半翅(はんし)目ヘリカメムシ科の昆虫。ヨーロッパシベリアを経て中国,朝鮮,樺太に分布。日本では北海道と本州の寒冷地にいる。体長14mm内外,褐色。種々の植物の汁を吸う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘリカメムシ
へりかめむし / 縁椿象・縁亀虫
squash bug

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目ヘリカメムシ科Coreidaeの昆虫の総称、またはそのなかの一種。ヘリカメムシ科の種類は大形から中形で、触角は頭部の側面のやや上方から出て四節からなる。頭頂部には2個の単眼がある。各脚腿節(たいせつ)の先端は棍棒(こんぼう)状となり、半翅鞘(しょう)膜質部には多数の縦脈(7本以上)が走り、膜質部基部で小室を形成しない。腹部の結合板(外縁部)は外方に広がる種が多く、この特徴からヘリカメムシの名がある。
 ヘリカメムシ科の昆虫はすべて植物から吸汁して生活する。農業害虫とされる種は二十数種に及び、ダイズなどマメ科作物に害を与えるホソヘリカメムシ、ホオズキやサツマイモの害虫であるホオズキヘリカメムシ、イネ科植物の花穂に集まるホソハリカメムシ、ダイズやアズキなどマメ科植物に害を与えるアズキヘリカメムシなどが有名である。ヘリカメムシ類は従来ヘリカメムシ科1科として扱われていたが、最近では、頭部、臭腺(しゅうせん)そのほかの特徴から、ヘリカメムシ科(ホオズキヘリカメムシ、ホソハリカメムシなど)、クモヘリカメムシ科Alydidae(クモヘリカメムシなど)、ヒメヘリカメムシ科Rhopalidae(アカヒメヘリカメムシなど)の三つの科に分けられる。
 ヘリカメムシCoreus marginatus orientalisは、体長15ミリ内外で、体全体が赤みの強い褐色で光沢はない。前胸背側縁は多少突出し、腹部結合板は大きく広がる。北海道、本州北部(中部山岳地帯まで)に分布し、また東シベリア、中国、朝鮮半島にも広く産する。キク科植物に寄生する。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘリカメムシの関連キーワード異翅類椿象長椿象アオクサカメムシカメムシ(亀虫∥椿象)グンバイムシ(軍配虫)ツチカメムシ(土亀虫)ヘリカメムシ(縁亀虫)ホシカメムシ(星亀虫)ヒメヘリカメムシ科

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘリカメムシの関連情報