コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルナンデス Hernandez, Amado V.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルナンデス
Hernandez, Amado V.

[生]1903
[没]1970
フィリピンの作家,詩人,ジャーナリスト。タガログ語を用いる。常に貧しい一般大衆の姿を描いた。労働運動指導者としての活動を理由にモンテンルパ刑務所に 5年間留置された。フィリピンで権威あるとされるほとんどすべての文芸賞を受賞。主著,叙事詩『自由の地』Bayang Malaya(1955),小説『猛禽類』Mga Ibong Mandaragit(1960),『ワニの涙』Luha ng Buwaya(1962)。(→フィリピン文学

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルナンデス
へるなんです
Amado V. Hernandez
(1903―1970)

フィリピンの詩人、作家、脚本家。第二次世界大戦中は抗日ゲリラ、戦後は労働運動および人権擁護運動の指導者として活躍。1951年より6年間モンテン・ルパ刑務所に留置される。この体験は以後、数々の作品となって実を結ぶ。それらの作品を通じ、フィリピン民衆の苦悩を描き出すとともに、その苦悩からの脱却の道と希望のありかを示唆する。長編小説『捕われの鳥』(1969)はフィリピン小説の傑作の一つとみなされている。詩集『一隅の空』(1961)で政府より文化賞を受けている。また小説『鰐(わに)の涙』(1963)の一部は日本語訳がある。そのタガログ語文体は、従来の装飾的で華麗なものとは異なり、口語に近く平易で、高踏的理念の表現にも適していた。死後73年に彼の文学活動に対し国家芸術賞が授与された。[山下美知子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘルナンデスの関連キーワードREC:レック/ザ・クアランティンジャスティン バーランダーC.C. サバシアキック・オーバーブルーノ・マーズ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルナンデスの関連情報