コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タガログ語 タガログご Tagalog language

7件 の用語解説(タガログ語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タガログ語
タガログご
Tagalog language

フィリピンの言語。公用語フィリピノ語ピリピノ語)の元となった。元来はルソン島マニラを中心に使われる言語。フィリピン政府の奨励政策もあり,およそ 5000万人の母語あるいは第2言語として用いられているといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タガログ‐ご【タガログ語】

Tagalogルソン島を中心に話し手をもつフィリピンの有力言語。マレー‐ポリネシア語族に属する。→ピリピノ語

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タガログ語【タガログご】

フィリピンのタガログ族の言語。アウストロネシア語族インドネシア語派に属するが,スペイン語からの借用語が多い。母語とする人口は約1000万人だが,1939年,フィリピン共和国の国語に制定されフィリピノ語(ピリピノ語Pilipino)として普及したため,同国では英語に次ぐ話者人口をもつ共通語となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タガログご【タガログ語 Tagalog】

フィリピンのマニラを中心とする諸州に行われる言語で,アウストロネシア語族のうち西部語派(インドネシア語派)に属する。タガログ語を母語とする人口は約1000万(1975)で,それはフィリピン全人口の4分の1にみたないが,1937年にすでにフィリピンの国語に指定され(このタガログ語を基礎とした共通語はピリピノ語Pilipinoと呼ばれる),小学校の正課として教えられているから,タガログ語を理解する人口は多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タガログご【タガログ語】

オーストロネシア語族のヘスペロネシア語派に属する言語。フィリピン系諸言語中で最も重要。フィリピンの二大言語の一つ。古くはタガログ文字、現在はローマ字を用いる。 → フィリピノ語

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典の解説

タガログご【タガログ語】

アウストロネシア語族インドネシア語派に属する言語で、フィリピン諸語の一つ。マニラ首都圏を中心とするルソン島中南部、ミンドロ島パラワン島などで話される。フィリピンの国語で、英語と並ぶ公用語でもあるフィリピノ語は、タガログ語を基礎とする。フィリピンは多言語国家で、タガログ語を母語とする人々は人口の28%(2200万人)にすぎない。第2次大戦後、独立フィリピンにおけるタガログ語の国語化(宣言は1937年:1959年ピリピノ語に、1973年フィリピノ語に名称変更)と公用語化(1987年)は、話者数で拮抗(きっこう)するセブアノ語など非タガログ語の地域の反発をおさえて実現された。文法的には、他動詞の主語に特別な格を用いる能格言語、語順では動詞が文頭にくる、などの特徴があり、語彙(ごい)にはかつての宗主国の言語であるスペイン語と英語からの借用語が多い。◇英語でTagalog。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タガログ語
たがろぐご
Tagalog

オーストロネシア語族西部語派に属するフィリピン諸語の一つ。マニラを中心としたルソン島中部、ミンドロ島低地の言語。母語率は全人口の約24%で第2位。公用語フィリピノPilipino語(理解率60%)の母体となった。スペイン語、英語からの借用語が多い。母音5、子音15のローマ字を用いるが、古くはインド系の文字を使用していた。アクセントは語末から2番目の音節にくることが多い。音節は子音+母音、子音+母音+子音が基本である。語構成には、接辞、重複が重要な働きをする。基本的な文構造は、動詞―目的語―主語。格標示にはang, ng, saの3クラス、動詞には不定、未然、完了、未完了の4相がある。Kumain ng isd ang bat(食べた―目的格―魚―主格―子供)「その子は魚を食べた」、Kinain ng isd ang bat「その子は魚が食べた」。動詞kainに割って入った接辞umとinは完了を表すとともに、umはangに導かれて主語になっている句が行為者であることを、またinはangに導かれて主語になっている句が対象物であることを示している。[山田幸宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タガログ語の関連キーワードインドネシア語派オーストロネシア語族ポリネシア語派ミクロネシア諸語メラネシア語派マレーポリネシア語族マレー・ポリネシア語族アウストロネシア語系諸族オセアニア語派東部アウストロネシア語派

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タガログ語の関連情報