コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルネ ヘルネHerne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルネ
Herne

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州の都市。ルール工業地帯中部,ライン=ヘルネ運河 (デュースブルク-ルールオルト-ハインリッヘン。 45.6km) とドルトムント=エムス運河 (ドルトムント-エムデン付近。 266km) の交点近くに位置する。 10世紀から知られた町であるが,19世紀中頃には人口約 1000にすぎず,炭鉱開発に伴って急激に発展した。 1897年市制。 1975年隣接するウェインエーケルを合併。現在は採炭,鋳造,織物工業などが盛んである。人口 16万5632(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘルネ

ドイツ西部,ルール地方工業都市。19世紀に炭田の開発とともに急速に発展し,製鉄化学工業が行われる。17世紀のルネサンス風宮殿シュトリュンケーデがある。16万4200人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルネ
へるね
Herne

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州、ルール地方の炭鉱・工業都市。人口17万4500(2000)。エムシェル川低地の農村に、炭鉱と炭鉱労働者住宅が無秩序に立地して形成された都市で、ライン・ヘルネ運河沿いに運河港が連なる。1950年代末以来の石炭危機で大部分の炭坑が閉鎖され、従来の繊維・皮革工業に電気機器工場が加わり、工業都市の性格が強くなった。1897年に市となった。[齋藤光格]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘルネの関連キーワードミュールハイムアンデアルールドルトムント・エムス運河ドルトムント・エムス運河ベステルノルランド県ノルドストリョームレクリングハウゼンオーバーハウゼンゲルゼンキルヘンボットロプエムス川エッセンライン川

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android