ヘレス・デ・ラ・フロンテラ(英語表記)Jérez de la Frontera

世界大百科事典 第2版の解説

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ【Jérez de la Frontera】

スペイン南部,カディス県中央に位置する都市。人口17万5653(1981)。ヘレスは優秀な品質のブドウ酒の生産地として知られ,この地名が転じてシェリー酒の語源となった。ヘレス平野はブドウ栽培に適し,ローマ時代からブドウ酒作りが行われていた。17世紀半ばカベサ・デ・アランダがボデガ(酒倉)を設け,ブドウ酒作りを企業化した。18世紀後半から海外での需要が急速に高まり,スイス人ペドロ・ドメック,フランス人オーリー,アイルランド人パトリック・ガルベイとともにカディスの商人ゴンサレス・アンヘルがヘレスのブドウ酒産業の創成期を築いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android