コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ Jérez de la Frontera

世界大百科事典 第2版の解説

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ【Jérez de la Frontera】

スペイン南部,カディス県中央に位置する都市。人口17万5653(1981)。ヘレスは優秀な品質のブドウ酒の生産地として知られ,この地名が転じてシェリー酒の語源となった。ヘレス平野はブドウ栽培に適し,ローマ時代からブドウ酒作りが行われていた。17世紀半ばカベサ・デ・アランダがボデガ(酒倉)を設け,ブドウ酒作りを企業化した。18世紀後半から海外での需要が急速に高まり,スイス人ペドロ・ドメック,フランス人オーリー,アイルランド人パトリック・ガルベイとともにカディスの商人ゴンサレス・アンヘルがヘレスのブドウ酒産業の創成期を築いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヘレス・デ・ラ・フロンテラの関連キーワードヌニェス・カベサ・デ・バカシェリー(果実酒)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android