コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ Jérez de la Frontera

1件 の用語解説(ヘレス・デ・ラ・フロンテラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヘレス・デ・ラ・フロンテラ【Jérez de la Frontera】

スペイン南部,カディス県中央に位置する都市。人口17万5653(1981)。ヘレスは優秀な品質のブドウ酒の生産地として知られ,この地名が転じてシェリー酒の語源となった。ヘレス平野はブドウ栽培に適し,ローマ時代からブドウ酒作りが行われていた。17世紀半ばカベサ・デ・アランダがボデガ(酒倉)を設け,ブドウ酒作りを企業化した。18世紀後半から海外での需要が急速に高まり,スイス人ペドロ・ドメック,フランス人オーリー,アイルランドパトリック・ガルベイとともにカディスの商人ゴンサレスアンヘルがヘレスのブドウ酒産業の創成期を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘレス・デ・ラ・フロンテラの関連キーワードカディスグアディクスグラナダ中州メスティソオリエンテ広場組曲「スペイン」スペイン舞曲集ハイド:コルドバの夕べ/piano soloディフェンスタックル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone