ヘレネ スワルト(英語表記)Hélène Swarth

20世紀西洋人名事典の解説

ヘレネ スワルト
Hélène Swarth


1859 - 1941
オランダの詩人。
アムステルダム生まれ。
当初、フランス語の教育を受けていたため、フランス語の詩を書く。1880年代にはいると、文学革命運動の担い手であるクロース達に刺激され、「新指導」誌に投稿したり、オランダ語の詩集「孤独の花」(1883年)や「青い花」(1884年)等を書く。その他の代表作に「雪片」(1888年)や「さびしい小道」(1915年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android