ヘレネ スワルト(英語表記)Hélène Swarth

20世紀西洋人名事典の解説

ヘレネ スワルト
Hélène Swarth


1859 - 1941
オランダの詩人。
アムステルダム生まれ。
当初、フランス語の教育を受けていたため、フランス語の詩を書く。1880年代にはいると、文学革命運動の担い手であるクロース達に刺激され、「新指導」誌に投稿したり、オランダ語の詩集「孤独の花」(1883年)や「青い花」(1884年)等を書く。その他の代表作に「雪片」(1888年)や「さびしい小道」(1915年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android