コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘールズ ヘールズ Hales, Stephen

2件 の用語解説(ヘールズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘールズ
ヘールズ
Hales, Stephen

[生]1677.9.7. ケント
[没]1761.1.4. テディングトン
イギリスの植物学者,生理学者,化学者。牧師でもある。ケンブリッジ大学卒業。ロイヤル・ソサエティ会員 (1718) 。フランス科学アカデミーの外国人会員 (53) 。王立学芸協会の創設者の1人,同協会副会長 (55) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘールズ
へーるず
Stephen Hales
(1677―1761)

イギリスの牧師、生理学者、化学者。生理学の分野で独創的な研究を数多く行い、とくに植物生理学の先駆的研究者。1709年ロンドン西方のテディントンの牧師となり、ここで生涯を過ごした。1718年に王立協会会員、1753年にフランス科学アカデミー外国会員に選ばれた。植物生理学の分野では、環状剥皮(はくひ)実験を初めて行って植物の蒸散と転流の機構を明らかにし、また植物が生育するときに栄養分としておもに空気を用いることを発見して光合成の先駆的発見をした。このほか植物の器官の成長速度の研究など多くの画期的な業績をあげた。これを記念してアメリカ植物生理学会では1929年にヘールズ賞を設け、植物生理学の分野で顕著な業績をあげた研究者に毎年贈っている。ヘールズは動物生理学の面でも人工換気装置、海水を真水にする蒸留装置、気体捕集装置、血圧計の考案など多くの発明がある。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘールズの関連キーワードNエヌ玄冬遣唐船没・歿勃・歿・没科捜研の女〈9〉京都地検の女〈7〉新・科捜研の女〈7〉ケンケンとびのけんちゃん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone