コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベジャイア ベジャイアBejaïa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベジャイア
Bejaïa

旧名ブージー Bougie。アルジェリア北東部,セティフ県にあり,地中海に注ぐスーマーム川河口に位置する港湾都市。カルボン岬に守られた天然の良港。ローマ時代に開かれたが,のちベルベル人のベジャイア族の定住地となり,11~15世紀のアラブ王朝期には首都として繁栄。スペインの征服 (1510~55) により衰微したが,1833年のフランス占領後,港湾の改修によって再興された。カビリア山地やセティフ盆地の農畜産物,リン鉱石,鉄鉱石の積出港だったが,1959年に南南東 550kmのハシメサウド油田とパイプラインで結ばれ,石油の積出港となった。河口付近には石油タンクが林立。繊維工場も立地。周辺地域は雨に恵まれ樹木も多く,オリーブ,ブドウなども豊富。人口 11万 4534 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベジャイアの関連キーワードサヘル[北アフリカ]みつろうナバロ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android