コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベズイメンスキー ベズイメンスキー Bezymenskii, Aleksandr Il'ich

2件 の用語解説(ベズイメンスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベズイメンスキー
ベズイメンスキー
Bezymenskii, Aleksandr Il'ich

[生]1898.1.18. ジトミル
[没]1973
ソ連の詩人。 1916年共産党入党。革命後は共産主義青年同盟の指導者として活躍。 10年代の後半から文学活動に従事。プロレタリア文学運動の中心メンバー。長詩『コムソモール員』 Komsomoliya (1924) ,『悲劇の夜』 Tragediinaya noch' (30) ,『前線の手帳』 Frontovaya tetrad' (46) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベズイメンスキー
べずいめんすきー
Александр Ильич Безыменский Aleksandr Il'ich Bezmenskiy
(1898―1973)

ソ連の詩人。1916年に共産党入党。キエフ商科大学在学中にペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)での革命に参加した。『十月の朝焼け』(1920)、『太陽へ向かって』(1921)により詩人として認められる。「青年共産同盟(コムソモール)」の詩人とよばれ、『若き親衛隊』(1922)、『青年共産同盟員の行進』(1924)などの一連の詩がある。初期の詩にはマヤコフスキーの影響が認められ、20年代以来「オクチャーブリ(10月)」派の指導者として活躍した。『レーニン』(1924)、『悲劇の夜』(1930)などの叙事詩、戯曲『発射』(1929)、詩集『前線手帳』(1946)が名高い。[沢崎洋子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベズイメンスキーの関連キーワードリー群上げ蔀板蔀小蔀じとじとローファットミルクじとつ・く立て蔀Житомирソルトミル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone