ベズイメンスキー(英語表記)Bezymenskii, Aleksandr Il'ich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベズイメンスキー
Bezymenskii, Aleksandr Il'ich

[生]1898.1.18. ジトミル
[没]1973
ソ連の詩人。 1916年共産党入党。革命後は共産主義青年同盟の指導者として活躍。 10年代の後半から文学活動に従事。プロレタリア文学運動の中心メンバー。長詩『コムソモール員』 Komsomoliya (1924) ,『悲劇の夜』 Tragediinaya noch' (30) ,『前線の手帳』 Frontovaya tetrad' (46) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベズイメンスキー
べずいめんすきー
Александр Ильич Безыменский Aleksandr Il'ich Bezmenskiy
(1898―1973)

ソ連の詩人。1916年に共産党入党。キエフ商科大学在学中にペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)での革命に参加した。『十月の朝焼け』(1920)、『太陽へ向かって』(1921)により詩人として認められる。「青年共産同盟(コムソモール)」の詩人とよばれ、『若き親衛隊』(1922)、『青年共産同盟員の行進』(1924)などの一連の詩がある。初期の詩にはマヤコフスキーの影響が認められ、20年代以来「オクチャーブリ(10月)」派の指導者として活躍した。『レーニン』(1924)、『悲劇の夜』(1930)などの叙事詩、戯曲『発射』(1929)、詩集『前線手帳』(1946)が名高い。[沢崎洋子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android