コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コムソモール コムソモール Komsomol; Vsesoyuznyi Leninskii Kommunisticheskii Soyuz Molodëzhi

5件 の用語解説(コムソモールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コムソモール
コムソモール
Komsomol; Vsesoyuznyi Leninskii Kommunisticheskii Soyuz Molodëzhi

旧ソ連の青年組織。正式名称は,全連邦レーニン共産主義青年同盟。 14歳以上 26歳までの男女で組織され,全人員約 4085万 (1987) を擁していた。 1917年の革命当時に団結した青年の組織として 18年に正式に発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コムソモール(〈ロシア〉komsomol)

共産主義青年同盟。ソ連の14歳から28歳までの男女を対象に、共産主義の理念による社会教育的活動を目的として、1918年に創設された青年団体。91年解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コムソモール

ソ連の青年組織。全連邦レーニン共産主義青年同盟の略称。共産主義の学習と共産主義社会の具体的建設をその目的とし,14〜28歳の男女で組織。1918年ロシア青年共産同盟として創設,1926年改称。
→関連項目コムソモリスク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コムソモール【Komsomol】

ソ連邦の共産主義青年同盟(正称は全ソ連邦レーニン共産主義青年同盟Vsesoyuznyi leninskii kommunisticheskii soyuz molodyozhi,VLKSMと略記)。共産党の指導の下に活動する青年組織であったが,1991年8月クーデタ事件の後に共産党活動が非合法化されるとともに,同年9月,共産党の青年部としてのコムソモールの組織も崩壊した。エリツィン時代には共産主義が批判され,青年たちは急速に共産主義運動から離れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コムソモール
こむそもーる
комсомол komsomol ロシア語

ソ連の14歳から28歳までの青年男女の政治組織。正式名称を「全ソ連邦レーニン共産青年同盟」という。1918年10月29日に創設された。コムソモールはソビエト共産党の若き予備軍として、その加入にあたっては、学校での勉学、日常の行動、社会的労働への参加度といった面から厳密な審査が行われた。コムソモールの主要な任務は、ソビエト共産党の青年教育活動を援助して、労働を愛し高い教養を身につけた共産主義者を育成すること、プロレタリア国際主義に基づく国際協調の精神を育成することなどであった。
 コムソモールは、各種の企業や機関のほか、学校や大学にも組織されており、学習活動をはじめとして、クラブ、公開講座、政治討論会などの政治活動や社会奉仕活動を自主的に計画し実行していた。ピオネール(レーニン記念全ソ連邦ピオネール)組織を指導し、その活動を援助することもコムソモールの重要な活動の一つであった。1983年時点の組織人員は約4200万人。機関紙『コムソモールスカヤ・プラウダ』など、出版物の発行もしていたが、コムソモール組織は1991年のソ連崩壊以後活動を停止、解散した。[川野辺敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコムソモールの言及

【ピオネール】より

…英語ではピオニール。ピオネールの掟の中にはすべての子どもの模範となること,コムソモール(青年共産同盟)に入る準備をすることが掲げられていた。7歳から9歳までの児童組織をオクチャブリャータと呼び,ピオネールに入る準備段階である。…

※「コムソモール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コムソモールの関連キーワードソ連ロシアソ連邦共産主義青年団ロシア連邦共産党マルクス=レーニン主義研究所サハ[共和国]全ソ連邦レーニン共産主義青年同盟ソ連邦作曲家同盟バルカン共産主義連邦

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone