コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベソース ベソース Vesaas, Tarjei

3件 の用語解説(ベソースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベソース
ベソース
Vesaas, Tarjei

[生]1897.8.20. ビニエ
[没]1970.3.15. ビニエ
ノルウェーの作家。テレマルクの農家に生れ,小学校卒業後,国民高等学校に学んだほかは家にあって,農耕や林業に従事しながら文学の道に進んだ。詩集を5冊,戯曲や評論もかなり書いているが,本領は小説で,一種象徴的な文体で人間の孤独と不安を扱っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベソース

ノルウェーの作家。ノルウェー語のうちのランスモールによって,地方色豊かな小説や象徴主義的な詩を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベソース
べそーす
Tarjei Vesaas
(1897―1970)

ノルウェーの小説家。テレマークの農民の出で、もっぱらノルウェー農民の当面している魂の問題といったものを、一種シンボリックな簡素清新な文体で描いた。生きることの恐怖と信仰との戦いがその主題だといえよう。『大きな戯れ』(1934)や『発酵』(1940)は初期の代表作。第二次世界大戦でのナチスのノルウェー侵入を扱った『闇(やみ)の中の家』(1945)で文名をあげ、『晒(さら)し場』(1946)、『信号』(1950)などを経て、短編集『風』(1952)でベネチア国際文学賞を、一種の童話というべき『氷の城』(1963)で北欧文学賞を受けた。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベソースの関連キーワードコンビニECコンビニ決済コンビニエンス・ストアコンビニエンスストアコンビニコンビニエンスコンビニエンスフーズ煮えルンビニ園コンビニATMの日

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベソースの関連情報