コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベックレル効果(光起電力) Becqerel effect

法則の辞典の解説

ベックレル効果【Becqerel effect】

電解質溶液内に2個の電極をおき,その一方に可視光線紫外線を照射すると,両極間に電位差が生じる現象.純粋金属では小さいが,酸化物硫化物ハロゲン化物などを用いると数百mVの起電力が現れる.これは1839年にアレクサンドル・エドモン・ベックレル(放射能研究で有名なアンリ・ベックレルの父君)の発見になる.本多‐藤嶋効果*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ベックレル効果(光起電力)の関連キーワード本多‐藤嶋効果ベクレル効果

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android