ベックレル効果(光起電力)(英語表記)Becqerel effect

  • ベックレル効果

法則の辞典の解説

電解質溶液内に2個の電極をおき,その一方可視光線紫外線を照射すると,両極間に電位差が生じる現象.純粋金属では小さいが,酸化物や硫化物ハロゲン化物などを用いると数百mVの起電力が現れる.これは1839年にアレクサンドル・エドモン・ベックレル(放射能研究で有名なアンリ・ベックレルの父君)の発見になる.本多‐藤嶋効果*も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android