コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッケンバウアー ベッケンバウアー Beckenbauer, Franz

2件 の用語解説(ベッケンバウアーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッケンバウアー
ベッケンバウアー
Beckenbauer, Franz

[生]1945.9.11. ミュンヘン
ドイツサッカー選手,指導者,経営者。ドイツのクラブバイエルン・ミュンヘンのディフェンダーとしてヨーロッパ王者に3度輝き,ワールドカップには 1966年から3大会連続出場。 1966年に準優勝,1974年の地元・西ドイツ大会では主将として優勝した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッケンバウアー
べっけんばうあー
Franz Anton Beckenbauer
(1945― )

ドイツのプロサッカー選手。9月11日、ドイツのミュンヘンに生まれる。バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)の中心選手としてヨーロッパ・チャンピオンズ・カップ(現、UEFAチャンピオンズ・リーグ)3連覇(1974、1975、1976年)をはじめ、西ドイツ代表としては三度のワールドカップに出場して2位(1966年)、3位(1970年)、優勝(1974年)。1972年にはヨーロッパ選手権に優勝するなど、ありとあらゆるタイトルを手中に収め、エレガントプレーぶりから「皇帝」とよばれた。1972年、1976年にヨーロッパ最優秀選手賞(バロンドール)を受賞。ベッケンバウアーの名を不動のものとしたのは、リベロ(自由な人の意)のポジションである。ディフェンスラインの最後尾に位置し、マークする特定の相手をもたないカバーリングディフェンダーだったスウィーパーに新しい概念を与え、機をみて攻撃に参加するリベロの名称を確立した。引退後は、西ドイツ代表監督を務め、1990年ワールドカップ・イタリア大会で優勝。選手、監督の両方でワールドカップを獲得した2人目(最初はブラジルのザガロMario Zagalo)の人物となった。2006年ワールドカップ・ドイツ大会の大会組織委員長。ドイツサッカー協会の副会長を務める。[西部謙司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベッケンバウアーの関連キーワードミュンヘン会談ニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・スーパー12ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベッケンバウアーの関連情報