コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッサリオン ベッサリオンBessarion, Johannes

4件 の用語解説(ベッサリオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッサリオン
ベッサリオン
Bessarion, Johannes

[生]1400頃.トレビゾンド
[没]1472.11.19. ラベンナ
ビザンチン出身の人文主義者,神学者。のちにバジレウス Basileusと呼ばれた。 1437年ニカイアの大主教。東西両教会合同をはかるフェララ・フィレンツェ公会議に出席したが,合同を支持する彼の意見はビザンチン教会に拒絶された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ベッサリオン

ビザンティン帝国の人文学者,哲学者。トレビゾンドに生まれ,コンスタンティノポリスでプレトンに師事した。1437年ニカエア大主教。フェラーラ・フィレンツェ公会議に出席,東西教会の宥和に尽力して1439年枢機卿に列せられ,以来イタリアに住んでギリシア学の普及に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベッサリオン【Johannes Bessarion】

1403‐72
東西両教会の合同に尽力した東方正教会の神学者,人文学者。ギリシア語綴りではIōannēs Bessariōn。トレビゾンド(現,トルコトラブゾン)出身。修道士となり,新プラトン主義哲学者G.G.プレトンに学ぶ。皇帝ヨアンネス8世によってニカエア大主教に任じられ,フェラーラ・フィレンツェ公会議(1438‐39)に参加,教会合同賛成派として活躍,そのためコンスタンティノープルの教会関係者の不興を買った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベッサリオン
べっさりおん
Johannes Bessarion
(1403―1472)

ビザンティン帝国末期の神学者、人文学者。トレビゾンド生まれ。ゲミストス・プレトンの弟子。ニカイア大主教。フェッラーラ・フィレンツェ公会議では教会合同賛成派として活躍。ローマ教会の枢機卿(すうききょう)に任命され、まもなくイタリアに亡命。ビザンティン帝国滅亡後は、亡命してきたギリシア人学者を保護、プラトン、アリストテレスなどの著作を西方に紹介し、イタリア・ルネサンスの開花に寄与した。神学の著作も多い。[森安達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のベッサリオンの言及

【フィレンツェ公会議】より

…ただ一行中には少なからざるビザンティン文人が含まれており,フィレンツェの人文主義者たちの熱狂的歓迎を受け,その持参したギリシア古典の手写本と相まって,西方の文芸復興を促進させる結果となった。 1440年2月皇帝一行はコンスタンティノープルに戻ったが,すでにエフェソス府主教マルコス・エウゲニコスはフィレンツェで決議の署名を拒否し,続いて統一の推進者ベッサリオン(ニカエア府主教),イシドール(モスクワ府主教)が枢機卿としてコンスタンティノープルを去るなかで,統一反対の空気は高まり,決議の国内での実現に踏み切れないままにヨハネス8世は世を去り(1448),続いて皇帝となった弟のコンスタンティノス11世が,すでに始まったオスマン帝国スルタン,メフメト2世のコンスタンティノープル包囲のもとで,1452年12月ハギア・ソフィア教会における元老院,市民参加の典礼の後,ようやく統一決議の実施を宣言することができた。しかし,その結果ビザンティン人の反ラテン感は高まる一方で,彼らは自分たちの伝統的宗教心情を最後まで譲らず,トルコ支配下でもそれを守った。…

※「ベッサリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ベッサリオンの関連キーワードじん肺診断ウェンツェルドイツ美術南米南部共同市場メルコスールサイバー犯罪新貸金業規制法台風(2006年)スマトラ沖大地震インド洋大津波

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone