コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベッセル楕円体 ベッセルだえんたいBessel ellipsoid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベッセル楕円体
ベッセルだえんたい
Bessel ellipsoid

F.ベッセルが算出して定めた地球の形状。ドイツ,フランス,インド,スウェーデン,ロシアなどの諸国で行われた 10個の弧長測量 (子午線測量) の結果から,1841年にその算出結果を発表した。その定数赤道半径 637万 7397.155m,極半径 635万 6079.0m,扁平率1:299.152813である。日本はこの楕円体を測量の基準とすることを,測量法第 11条で定めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベッセル‐だえんたい〔‐ダヱンケイ〕【ベッセル×楕円体】

1841年にドイツの天文学者ベッセルが導いた準拠楕円体。日本では近代測量が始まった明治時代以来、同楕円体が採用されたが、平成14年(2002)よりGRS80楕円体に置き換えられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ベッセル楕円体の関連キーワード日本経緯度原点地球楕円体標準楕円体

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android