コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準拠楕円体 ジュンキョダエンタイ

デジタル大辞泉の解説

じゅんきょ‐だえんたい〔‐ダヱンタイ〕【準拠×楕円体】

地図作成や緯度経度の決定など、測量の基準として採用される地球楕円体。日本では近代的な測量が行われて以降、ベッセル楕円体を採用していたが、測量法の改正にともない、平成14年(2002)よりGRS80楕円体を採用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準拠楕円体
じゅんきょだえんたい
reference ellipsoid

地球上の各点の位置を緯度・経度で表すため、それらの点を投影する基準面として採用された、地球楕円体(地球に非常に近い形をした回転楕円体)。古典的には、原点にとったある1点での法線がその点でのジオイドの法線、つまり重力の方向と一致するようにとるが、他の点ではかならずしもジオイド面と一致しない。楕円の長半径、短半径には各種のものがあり、日本では明治以来、ベッセルが定めた楕円体を採用していた。世界測地系を測量の基準とする測量法改正(2001)に伴い、2002年(平成14)からは国際的な決定に基づく「GRS80(Geodetic Reference System 1980)楕円体」を準拠楕円体として採用している。[尾崎幸男・辻 宏道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

準拠楕円体の関連キーワードWGS84楕円体標準楕円体ジオイド高鉛直線天頂