コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準拠楕円体 ジュンキョダエンタイ

2件 の用語解説(準拠楕円体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅんきょ‐だえんたい〔‐ダヱンタイ〕【準拠×楕円体】

地図作成や緯度経度の決定など、測量の基準として採用される地球楕円体。日本では近代的な測量が行われて以降、ベッセル楕円体を採用していたが、測量法の改正にともない、平成14年(2002)よりGRS80楕円体を採用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準拠楕円体
じゅんきょだえんたい
reference ellipsoid

地球上の各点の位置を緯度・経度で表すため、それらの点を投影する基準面として採用された、地球楕円体(地球に非常に近い形をした回転楕円体)。古典的には、原点にとったある1点での法線がその点でのジオイドの法線、つまり重力の方向と一致するようにとるが、他の点ではかならずしもジオイド面と一致しない。楕円の長半径、短半径には各種のものがあり、日本では明治以来、ベッセルが定めた楕円体を採用していた。世界測地系を測量の基準とする測量法改正(2001)に伴い、2002年(平成14)からは国際的な決定に基づく「GRS80(Geodetic Reference System 1980)楕円体」を準拠楕円体として採用している。[尾崎幸男・辻 宏道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準拠楕円体の関連キーワード基準点基本図三角測量三角点測地原点測量地形測量白地図外邦図電子基準点

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone