コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベナセラフ ベナセラフ Benacerraf, Baruj

2件 の用語解説(ベナセラフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベナセラフ
ベナセラフ
Benacerraf, Baruj

[生]1920.10.29. ベネズエラカラカス
[没]2011.8.2. アメリカ合衆国マサチューセッツボストン
ベネズエラ生まれのアメリカ合衆国の免疫学者。5歳でパリに移住。アメリカのコロンビア大学に入り 1942年に卒業,翌 1943年アメリカの市民権を得た。1945年にバージニア医科大学で医学の修士号を取得,パリのブルセ病院,アメリカ国立衛生研究所などを経て 1970年にハーバード大学医学部フェビアン記念教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベナセラフ
べなせらふ
Baruj Benacerraf
(1920―2011)

アメリカの遺伝学者。ベネズエラのカラカスに生まれる。5歳のときパリに移住、初等、中等教育をパリで受けた。1940年アメリカに渡り、1942年コロンビア大学を卒業、1945年バージニア医科大学で学位を取得、1943年にはアメリカの市民権を得た。コロンビア大学で研究員を務めたのち、1949年パリのブルセー病院に移り、免疫学の研究を続けた。1956年アメリカに戻り、ニューヨーク大学医学部の病理学準教授(1958)となり、1960年教授に昇格した。その後、国立アレルギー・感染症研究所を経て、1970年にハーバード大学医学部の病理学教授となった。
 抗体の産生と遺伝の関係については、1940年代にG・D・スネルによりマウスのH‐2遺伝子(抗原)が発見され、また、1950年代にJ・ドーセによりヒトのH‐2遺伝子であるHLAが発見されていた。ベナセラフは、それらの働きについて研究した結果、特定の遺伝子の存在を明らかにし、その「免疫応答(Ir)遺伝子」が免疫系において重要な役割を担っていることを発見した。1980年に「免疫を調整する、遺伝的に決定された細胞表面の構造に関する発見」により、スネル、ドーセとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベナセラフの関連キーワードベネズエラベネズエラ湾シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラベネズエラ・シモン・ボリバル・ユース管弦楽団キリスト教社会党(ベネズエラ)ベネズエラ革命党ベネズエラ共産党ベネズエラ高地ベネズエラ農民同盟ベネズエラ労働者同盟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone