コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネディクティン ベネディクティンBénédictine(フランス)

飲み物がわかる辞典の解説

ベネディクティン【Bénédictine(フランス)】


フランスのベネディクティン社が製造するリキュールの商標名。27種類の薬草類を用い、良質のブランデーに浸漬したり、ともに蒸留したりして、成分を浸出させてつくる。アルコール度数は43度。◇1510年、フランス北西部ノルマンディ地方のフェーカンにあったベネディクト派修道院において、ベルナルド・ビンチェリが考案した。修道院で用いられた祈りの言葉で、「至善至高の神に捧ぐ」という意のラテン語「Deo Optimo Maximo」の頭文字「DOM」がラベルに記される。「ベネディクティンDOM」ともいい、略して「ドム」ともいう。「ベネディクティン」というと一般にベネディクティンDOMをいうが、これとブランデーをブレンドしたものもあり、両者の頭文字をとって「ベネディクティンDOM B&B」という。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベネディクティン【Bénédictine】

フランス産のリキュール。16世紀初めノルマンディーの漁港フェカンにあるベネディクト会の修道院で創製されたという歴史の古いで,かつてはシャルトルーズとともにリキュールの双へきと呼ばれた。原料,製法は秘密にされているが,ブランデーを基酒として27種の香草を配合するという。アルコール分43%,複雑な芳香をもつ黄緑色の酒で,甘味が強い。〈至善至高の神に〉の意のラテン語Deo Optimo Maximoを略したDOMの文字がラベルにあり,ドムとも呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネディクティン
べねでぃくてぃん
bndictineフランス語

フランスのベネディクト派の僧、ドン・ベルナルド・バンセリーによって1501年につくられた有名なリキュール。多くの薬草、香草を良質のブランデーに浸漬(しんし)してつくるといわれるが、その処方は羊皮紙に書かれて寺院に保存され、製法はいまでも明らかにされていない。アルコール分約43%、黄緑色で甘口である。「ドム」DOMともよばれ、ラテン語Deo Optimo Maximo(全知全能の神へ)の頭文字である。[原 昌道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベネディクティンの関連キーワードタイム(香料植物)B & Bアンゼリカカクテルヒソップ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベネディクティンの関連情報