コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラミ 〈フランス〉Bel-Ami

デジタル大辞泉の解説

ベラミ(〈フランス〉Bel-Ami)

モーパッサン長編小説。1885年刊。才能もない美貌(びぼう)の青年デュロアが、女を利用して栄達していくようすを描いた、自然主義小説の典型的作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ベラミ【Bel-Ami】

モーパッサンの長編小説。1885年刊。女を利用してジャーナリズム界にのし上がってゆく無名の青年デュロアの冷笑的な行動を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベラミ
べらみ
Bel-Ami

フランスの作家モーパッサンの長編小説。1885年、『ジル・ブラス』紙に連載。『女の一生』に次ぐ長編第二作。ノルマンディー出身の青年ジョルジュ・デュロワは鉄道会社に勤める事務員で、月末の数日間はきまって持ち金がなくなり、食べるに事欠く状態。そのうち友人の勧めで新聞記者になると、持ち前の美貌(びぼう)(ベラミとは、「美男のおじさん」の意で彼のあだ名)と、厚かましさを武器に、友人やその夫人たちを利用して社交界に乗り出し、ついには大実業家の娘と結婚する。やがて舅(しゅうと)の経営する新聞社の実権を握って、パリの新聞界に君臨するようになる。名前もいつのまにかデュ・ロワと貴族風の綴(つづ)りに変えている。作者はこの物語を通して、フランス19世紀社会の世相、とくにある種のジャーナリズムを、また政府の植民地政策とひそかに通じあった金融界の一部を辛辣(しんらつ)に皮肉っている。[宮原 信]
『杉捷夫訳『ベラミ』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベラミの関連キーワードハワード(Sir Ebenezer Howard)クリス ウォルステンホルムヒズ・ガール・フライデードミニク ハワードマシュー ベラミーケイト ハドソンユートピア思想田辺 貞之助忠誠の誓い大槻ひろみふたごの日3月26日田辺貞之助シャブロル顧みればセドリーハワードデブス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベラミの関連情報