コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラリ Bellary

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラリ
Bellary

インド南西部,カルナータカ州東部の都市。ベラリ県の行政庁所在地。バンガロール北北西約 250km,トゥンガバドラ川 (クリシュナ川の支流) 中流の盆地に位置。 16世紀に建てられた周囲 3km,高さ 137mの城がある。綿花の集散,加工地で,綿紡績,綿織布のほか,製糖,酒蒸留などの工業がある。西方約 59kmにトゥンガバドラダムと発電所が完成してから綿花,雑穀類や,ナンキンマメなど豆類の生産が増加。南方の山地で鉄鉱,銅鉱の開発が進んでいる。人口 24万 5758 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベラリの関連キーワードリバタリアニズム(Libertarianism)マラニョン(Gregorio Marañón)ロバート レッドフィールドポール・E. ツォンガスシャーリー マクレーンオックスフォード運動グローバリゼーションコミュニタリアニズムレックス ウォーナーウルストンクラフトニジャリンガッパジャディディズムヨーロッパ報知風にそよぐ葦スレプツォフ自由民主主義リベラリズム東洋経済新報ワーテルロー長谷川如是閑

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android