コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトラメッリ Beltramelli, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトラメッリ
Beltramelli, Antonio

[生]1879. フォルリー
[没]1930. ローマ
イタリアの小説家。愛国主義者で,ファシズムに傾倒した。一生の大半をロマーニャ地方で過し,常にこの地方を舞台に作品を書いた。主著『アーモンドの木陰』L'ombra del mandorlo (1921) ,『長編小説全集』 Tutti i romanzi (2巻,40) ,『短編小説全集』 Tutte le novelle (44) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルトラメッリ
べるとらめっり
Antonio Beltramelli
(1879―1930)

イタリアの小説家。ファシズム期に詩集、児童文学、劇作など、多彩な活躍をした。ムッソリーニ礼賛の伝記『新しい人』(1923)を著し、1929年にはイタリア・アカデミー会員に任命され、日本の女性とも結婚した。オリアーニやダンヌンツィオの影響を受け、もっぱらロマーニャ地方の風物をもっぱら描いた。『赤い人びと』(1904)、『アーモンドの樹蔭(こかげ)』(1920)、その他がある。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベルトラメッリの関連キーワード1月11日河島英昭

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android