コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルトラメッリ ベルトラメッリBeltramelli, Antonio

2件 の用語解説(ベルトラメッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルトラメッリ
ベルトラメッリ
Beltramelli, Antonio

[生]1879. フォルリー
[没]1930. ローマ
イタリアの小説家。愛国主義者で,ファシズムに傾倒した。一生の大半をロマーニャ地方で過し,常にこの地方を舞台に作品を書いた。主著『アーモンドの木陰』L'ombra del mandorlo (1921) ,『長編小説全集』 Tutti i romanzi (2巻,40) ,『短編小説全集』 Tutte le novelle (44) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルトラメッリ
べるとらめっり
Antonio Beltramelli
(1879―1930)

イタリアの小説家。ファシズム期に詩集、児童文学、劇作など、多彩な活躍をした。ムッソリーニ礼賛の伝記『新しい人』(1923)を著し、1929年にはイタリア・アカデミー会員に任命され、日本の女性とも結婚した。オリアーニダンヌンツィオの影響を受け、もっぱらロマーニャ地方の風物をもっぱら描いた。『赤い人びと』(1904)、『アーモンドの樹蔭(こかげ)』(1920)、その他がある。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベルトラメッリの関連キーワードドイツ映画喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone